新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
早速、経済安保相の出番です。
人気 Picker
①は2020年7月の「トヨタ、EVで中国製特殊鋼板採用 日本勢を追い上げ」というPick。
そこでコメントしたが、元々電磁鋼板はPoscoとの技術流出訴訟もあった案件。ただ、中国では次世代エネルギー車(NEV)を加速させる動きの中で、ここにきてHVも含められたりと、中国とトヨタの近づきが気になっていた。なので、トヨタの中国戦略や、中国のNEV戦略のなかでのHVやBEVなどにも影響を与えうる係争だと理解している。

そして今回の訴訟にはこのPoscoの文脈があり、Posco・Baoshanの流れについては、②の日経記事が詳しい。日本製鉄も、戦略素材として増強の方針を示している素材(③)。
色々な「点」は、やはり「線・面」となってつながっていく。

https://newspicks.com/news/5065388
https://newspicks.com/news/6270473
https://newspicks.com/news/5527044
もともと新日鐵の技術導入でできた会社なのにね、、時代の変化とは。。
日本政府の経済安全保障の本気度が試されます。昔から特許侵害や営業妨害は分かってはいても、政府の後押しがないと泣き寝入りするしかなかったのが現実です。そして現に泣き寝入りしていました。豪州はコロナウイルスの起源の調査を表明しただけで、石炭や牛肉の輸出が止められました。日本の経済安保班がタフネゴシエ-ターになり交渉に成功するかどうかです。日本製鉄は一民間企業ではありますが、国益を左右する大きな案件になりますね。類似の案件は日本だけでなく世界中に山ほどありますから。
日本製鉄が中国の宝山鋼鉄を訴えたことに対して、宝山鋼鉄は日本製鐵の主張に同意できないと争う姿勢を明らかにした。
「侵害を認識している」なんてコメントするわけないですからね。
日本製鉄はこの技術の中国特許を保有していないとか。部外者ながら、宝山鋼鉄やトヨタとの3社のやり取りが想像できます。
宝山は中国でトヨタに納めているだけなら、直接は自社に責任がないというでしょう。特許がある日本でビジネスをする責任はトヨタにあると。
一方でトヨタは「サプライヤー同士で話し合え」として突っぱねるでしょう。これはカスタマー企業の一般的な対応です。
どちらともまともに交渉できなければ、日本製鉄はトヨタを巻き込んで両社を相手の訴訟を起こすしかないわけです。
単に企業同士の係争ではなく、国家のメンツがかかってきた感じ。
上手にやらないと、こじれておおごとになりそうで心配。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません