新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「父・秋篠宮さまが、異例ずくめの結婚には「けじめ」が必要と判断され、皇室関連施設ではなく、会見は一般の会場で行うことが決まった」とのこと。
色々大変ですが、おめでたいこと。暖かく見守りたいものです。
もはや「諦観」が「傍観」へと変わったというのがわたしの心境です。

眞子殿下と小室圭氏とのご結婚については国論が二分されています。皇室の慶事として国と国民がこぞってお祝い申し上げるべきご結婚なのにこのような事態です。それをみればこのご結婚がいかなる評価を与えられるべきかわかるでしょう。

眞子殿下は上皇陛下の初めての内孫として誕生された。ご成長の健やかなることを国民は願い見守ってきた。そして立派に青年皇族とおなりになったことを喜ばしく思っていた。だからこそ眞子殿下のご結婚が幸せなものであってほしい。そう願う国民の気持ちは至極当然ではないですか。一般家庭のOLのじゃないんですから。

国民の一般常識では小室圭氏との結婚は気がかりでした。眞子殿下が本当にお幸せになられるのかと。社会人になっても母親と同居し母親お手製の愛母弁当を毎日持って職場に出かけ母親の借金踏み倒しを長文の弁明で擁護する。国民の常識からすればそんなマザコン青年との結婚を心配するのは当たり前でしょう。

ところが眞子殿下におかれては「国民の誹謗中傷によってPTSDを患った」と宮内庁が発表しました。国民の心配を誹謗中傷とおっしゃった。わたしは「ああそうですか」と思いました。

もう一般人におなりになる。ひとりの日本国民であるという以外に日本国とも日本国民とも公式な関係はなくなる。一部リベラル系学者のように声高に応援したり一部保守系評論家のように上から目線で叱りつけることでこの話題を消費してしゃぶり尽くすような下品なことはしません。どうぞお好きになさればよい。ひとりの日本人としてのせめてもの矜恃です。

残るのは眞子殿下が元皇族という非公式な肩書と将来の天皇に即位される悠仁殿下のお姉様という親戚としてのお立場。小室圭氏はその配偶者で義兄というお立場。これだけは変わらない。ならばおふたりが今後にわたって今上陛下と上皇陛下そして皇室さらには日本国に迷惑をかけないで静かにお過ごしになるのであればそれで一向に構いません。ご結婚後のご動静については折に触れて報道で知ることはあるでしょうが興味はありません。

だからといって若いおふたりの失敗を望んでいるわけではありません。おふたりで楽しいご家庭を営なまれてお子様を儲けてお健やかにお幸せにお過ごしください。どうかお元気で。さようなら。