新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
左側通行の知見を高めるためにも、日本も公道実験がもっとできるように規制緩和しなければなりません。
誤解を恐れずに言えば、「接触事故が起きてはならない」と言うメンタリティから、「人が運転するより格段に事故が減る」ことを容認した社会実験の促進が必要です。

今のままでは混雑した都市部市街地での走行ノウハウがなかなかたまりません。完全自動運転はこれをブレイクスルーしなければ、実用化はおぼつかないのですから。
人気 Picker
自動運転の記事を書かれたり、業務で関わってみえる方々は、1週間でも2週間でもよいので、普段づかいでTeslaに乗ってみるべきだと、自分自身もやってみて実感しました。

普段の運転は、一般道が主です。そういった環境で、完全に自動運転してくれなくても、運転者を楽にすることは可能だということです。

単に楽にするだけでなく、うっかり追突...といった事故防止もできます。

「はやく完全自動運転にならないかなぁ」と思うより、「今実現されている運転支援」を理解することで、「本当にうれしい自動運転」の姿が見えてくるのではないでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
時価総額
5.62 兆円

業績