新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
一時、円安で何でも解決できるかのような主張が目立ちました。

原油を除いた貿易赤字が構造化しつつある中で、今一度、為替の安定と物価の関係を見直した方が良いと考えます。

物価が上がれば賃金を上げれば良いと言う方もいますが、そうなると対外調整で円が安くなり、更なる円安で物価が上がることが憂慮されます。投資収益が国内に還流しているのか定かでは無い以上、経常黒字だから円高である、という主張も、説得力が無いように考えます。
人気 Picker
Wi-Fiや電源といったネット環境整備が他のファミレスに比べて遅れてますので、個人的には使いにくいです。
通貨の強さは国の強さの反映で、円の実力(≒実質実効為替相場)が高度経済成長終了直後以来の円安水準にあるいま、一層の円安は弊害も大きそう。新興国を始め外国で通貨安が進むとその国の国力の低下を思わす報道が続くのに、日本に関する限り円安が良くて円高が怖いとの報道がされるのは不思議です。日本が輸入に頼る資源価格が上がるなか、これ以上の円安は相応の問題を伴うような気がします。たぶん、そうした懸念の表れの一つでしょう。 (・・;
感染拡大よりも円安と原油高が同時併発していることが輸入産業の側面も持つこうした業種にとっては喫緊の課題ではないかと思います。
しばらく訪れていないのですが、コロナ前に都内で単身赴任していた頃は、ちょくちょく利用していました。働いている人が海外の方がやや多かったので、英語で会話できることも何か気に入っていました。
さて、今月、神無月は非常に人の移動が多い印象です。我慢の営業と経営を継続していた一部の業界においてはようやく機会がおとずれたのですが、まだしばらく我慢が継続されるのかもしれません。そこに円安と電力の供給も欧州などを中心に展開されることも予想されます。飲食においてはコロナ前とは逸脱した事業、やり方を変えていかないといけないのかもしれません。運輸等においても同様で、航空・電車等もまだしばらく状況は大幅に変わることは完全にとは言えないのかもしれませんね。
今までは可処分時間の奪い合いの中で深夜時間帯がその場にも。ただコロナ禍で時間帯別収支を見ると同社に関わらず深夜は合わないケース多く、各種コストが右肩上がりな中で非効率な部分の絞り込みは起こり得ますよね。
確かに感染拡大も心配ですが、今は円安や原油価格の高騰の方がより気になります。
輸出産業は良いですが、内需の回復は欧米と比べて遅れそうです。
サイゼリヤは、コロナの影響を大きく受けながらも、時短によるメリットにも気がついたので、今後も続けていきたいと話したそうです。また昨今の円安もや原油価格の高騰が懸念材料とも。
決算短信こちら
https://www.saizeriya.co.jp/PDF/irpdf001083.pdf
コロナで無駄なものが炙り出されてきた、無駄な深夜営業はその一つでしょう。
サイゼリヤ1番人気の「辛味チキン」が5本から4本と実質値上げになったのが衝撃です。
株式会社サイゼリヤ(英語: Saizeriya Co,. Ltd.)は、イタリアンファミリーレストランチェーン「サイゼリヤ」を運営する企業。「サイゼリア」と間違えられることもあるが、正しくは「サイゼリヤ」である。 ウィキペディア
時価総額
1,559 億円

業績