新着Pick
340Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国で緊急使用許可が申請された米メルク社などの抗ウイルス薬モルヌピラビルについて、専門家の見解を交えてコンパクトにまとめました。承認されれば新型コロナでは初の飲み薬となります。

重症化リスクのある軽症・中等症の患者を対象とした第3相の臨床試験では、入院または死亡に至る割合が半減したそうです。
コロナの発症早期に投与することで、重症化を抑制する目的の薬剤としては、既に抗体カクテル療法(ロナプリーブ®)やソトロビマブ(デビュディ®)が承認されており、同様の役割を果たす治療薬という位置づけになります。これらの薬は点滴の治療薬ですが、モラヌピラビルは飲み薬になったことで、自宅療養、外来のセッティングなどで使用の幅は広がることになると思われます。

医師の目線としては、このように『発症早期のみに使用できる』有効な薬剤が登場してきたことで、病気への対応の仕方が異なってきます。これまではコロナを早期に診断しても治療する手立てがなかったため、早く診断することの重要性は低かったのですが、①早期に認知、②検査で診断、③治療開始という流れをスムーズに行うことが鍵になってきます。コロナの流行具合にもよりますが、今後は発熱や咳などコロナを疑う症状がある場合には早期に受診を促すような呼びかけがより重要になってくるでしょう。
アメリカ政府への販売価格は、一人分に換算すると約8万円(5日分)になるそうですね。。

少なくとも安価なものにはならなさそうですが、早期の実用化が可能になるといいですね。
素晴らしい記事。

RNA の 4つの塩基 A アデニン G グアニン U ウラシル C シトシン
の後者二つに似た分子構造をこの薬剤はもち、ウイルスのRNA合成時に、この薬剤を取り込ませて”エラーカタストロフィ”を引き起こさせる。

気になるのは、正常の細胞のRNA合成時に、この薬剤を取り込んでしまう事はないのだろうか。
取り込んでしまうようであれば、薬として役には立たないので、ウイルスのRNA合剤時のみにとりこまれる何らかの機序があるハズでそれは自分で確認しておきたい。
飲み薬でコロナが治るというのは、画期的です。しかも予防にも効くかもしれないとのこと。但し価格は高額。米国では5日間で約8万円になるそうです。

まずはワクチンの2回摂取完了。そして3回目の摂取で身を守ることですね。
ワクワクができれば収束すると言われ、今度は飲み薬ができれば収束のカギになると言われます。
なんだかだんだん心配になってきました。本当に飲み薬がゲームチェンジャーになるのでしょうか。
早くコロナ騒動が終わってほしいです。
治療薬がいくら揃っても感染は予防できないようね。
ワクチンのような予防薬と治療薬は全然違うものでは。
下記のような部分に、AI技術が活用できないのだろうか?

本来の理論的な効能以外にも、効果があるものを見つけることは機械学習で実現できる気がする。

(以下、記事中から引用)
モルヌピラビルは元々、米エモリー大学の大学発ベンチャーがインフルエンザの治療薬として開発していた薬だ。
新興感染症を専門とする米バイオベンチャー、リッジバック・バイオセラピューティクス社が導入し、メルク社と共同開発してきた。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社クリエイトSDホールディングス(クリエイトエスディーホールディングス、英語: CREATE SD HOLDINGS. CO., LTD.)は、神奈川県に所在する持株会社である。事業会社はドラッグストア(薬店)・調剤薬局を運営する株式会社クリエイトエス・ディー(英語: CREATE SD.CO.,LTD.)など4社である。 ウィキペディア
時価総額
2,188 億円

業績

メルク(Merck KGaA、、北米における名称はEMD、いー・えむ・でぃー)は、ドイツ・ダルムシュタットを本拠とする化学品・医薬品メーカーである。その始まりは17世紀にさかのぼり、現存する医薬品・化学品企業としては世界で最も長い歴史を有しているとされる。メルクの資本の70%は創業家であるメルク家(en)によって所有されている。 ウィキペディア

業績