新着Pick

10代・20代の男性 ファイザーワクチン接種検討を推奨へ 厚労省

NHKニュース
【NHK】モデルナの新型コロナウイルスワクチンをめぐって、厚生労働省は、ごくまれに若い男性で心臓の筋肉などに炎症が起きるおそれがあ…
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファイザー製が十分に確保できるのであれば、心筋炎や心膜炎などの副反応疑いの頻度が高いモデルナ製をあえて使用する必要はないとの考え方によるものでしょう。

これまで、北欧4か国のうち3か国の若年者への接種について「スウェーデンは30歳以下、デンマークは18歳未満、フィンランドは1991年生まれ以降(おおむね30歳以下)の方は、ファイザー社製に統一する」との暫定的な対応が実施されていました。

「フィンランド、若年男性層へのモデルナ製ワクチン接種停止」(Reuters 2021年10月8日)
https://newspicks.com/news/6249534/body/?ref=user_1310166

日本も北欧と似た傾向を示し、ファイザー社製ワクチンで20代男性の心筋炎等副反応の報告頻度が他の年代に比べて高く、モデルナ社製ワクチンでは10代及び20代男性の心筋炎等副反応の報告頻度が高い傾向がありました。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0079.html

北欧3か国との違いは、日本は20代以下の「男性だけ」が除外対象であることです。基本的に薬務行政は各国が各国での臨床成績に基づき独自判断しますので、判断に違いが出ることは珍しいことではありません。日本での新型コロナワクチン認可時には米国での緊急使用許可のデータが参照されていますが、現時点で米国は制限をつけていません。

日本での100万人当たりの心筋炎等副反応の出現頻度は、因果関係不明を入れて10~20例強とごくまれです(新型コロナ感染では症状としてこれよりもはるかに高頻度の心筋炎等があらわれると言われています)。

10代の接種者とは18~19歳のみを指し、さらには「ファイザー製」については当該年齢の接種者は特に大規模接種会場と職域接種(大学等)では使われていなかったため接種者された方はわずかにとどまるとみられるため、心筋炎等副反応について、ファイザー製(100万人中1.9件)とモデルナ製(同21.6件)ほどの差が実際にあるのかについては疑問があります(差は統計的誤差の要素が大きいと想定されます)。

副反応症状には「ワクチン接種後4日程度の間に、胸の痛みや息切れ」が想定されています。こうした症状が現れた場合は速やかに医療機関を受診することを勧めています。
ワクチンは治療薬とは違い健康体に摂取するものです。そのため、重篤な副反応、ましてや死亡事例はほぼゼロであることが前提。
日本で、インフルエンザワクチンで死亡した人(因果関係が明らかじゃないものも含む)は、過去10年年間0~4人です。
一方、コロナワクチン接種後に死亡した例は、たった半年で1,233例です。

有効性がめちゃくちゃ高いのもわかるし(といってもその後、感染予防効果ではなく重症化予防効果に話がすり替わりましたが…)、コロナが危険なのもわかる(死亡率はインフルエンザ以下とはいえ、感染力が強いのは確かだろうし、後遺症も存在する)。

が、このワクチンは、ワクチンという立場にたてば出来損ないもいいところ。
そもそもワクチンいるんかね?というところから。正直若者のコロナリスクは低いから、同調圧力無ければ別にワクチンそのものが要らないと思う。「移すもとになる」と原因のように若者に言う人は、ワクチン接種率今の状況で第5波が収束した原因は語れないかと。集団免疫って考え方も行き過ぎると病気。
1000万人あたり、20代で心臓に副作用が出た人の差は13人、10代に至っては2人。パーセンテージで言うと、0.00013%と0.00002%。この数字差をもってリスクの差があると判断するのが医学の世界での科学的常識なのか、是非専門家の意見を聞きたいです。私なら、二つのワクチンのリスクの差は無いと感じてしまいます。
僅かな差でしかありませんが、より安全性の高いファイザーで10代、20代のワクチン接種を広げていこうという試みなのでしょうね。

ところで、10代、20代のワクチン接種率はそんなに低いのでしょうかねえ〜。
気になりますが、
頻度としてはごく稀で軽症で済むとの内容
知っておくことは大切ですが、内容を自分なりに理解しないといけないですね。
北欧同様に接種する年代によってリスクをコントロールできる日本は恵まれていますね。

現時点でのmRNAワクチンの比較

抗体量(副反応と反比例?)
ファイザー ✕
モデルナ  〇

心筋炎リスク(10代, 20代)
ファイザー 〇
モデルナ  ✕

どちらの結果も定量化すると差は出ますが、ワクチンの効果から考えれば大きくはない。
ワクチンを接種しない人を非難する人が多いが

若年層の死亡リスクはほぼゼロでインフルエンザよりも低い
ワクチンによる副反応は若年層ほど症状が重い

なので若年層のワクチン接種率が高齢者よりも低いのは当然