新着Pick
118Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本酒のワンカップサイズの商品は、安いからではなく、飲み切れる量だから買いたいという人が、実は結構多いのではないでしょうか。

できれば、値段は高くても本当に美味しい商品が出てくると嬉しいですよね。

飲める量が少ない人は、量を飲まなくて良い分、トータルコストとして質にこだわれるので。
かつて新潟勤務時代、勤務先から独身寮までの帰り道の途中に、「ふなぐち菊水」缶の自販機(!)が当時はあって、特に夏の時期には、買って飲むのが楽しみでした。飲み方として邪道なのかもしれませんが、缶入りだと、キンキンに冷えるんですよね。
ファミマが昔ちょっとオシャレな缶の日本酒を出したのを思い出しました。

https://www.family.co.jp/company/news_releases/2014/20141224_01.html

ただ、これも拡大したと言う訳ではないと思うんで、そこまで売れなかったんでしょう。

獺祭などの一部の高級酒を除いて日本酒で売れたと言えば、スパークリング日本酒の澪かと思いますが、スパークリング日本酒のブームは長くはもたず。

記事の商品みたいなものが、継続的に複数出てこないと販売のベースは上がらないんでしょうね。酒カクテルとか缶のスパークリング日本酒とか。

あとは、全国的なキャンペーン。だいぶ前からスーパーやコンビニで、チャミスル売り場が拡大されていますが、あれでチャミスルの認知度と売上はだいぶ伸びたでしょう。飲んでみると思いの外、チャミスルって悪くないなって思った人多かったと思います。

なんちゅーか、日本酒の市場拡大って大変。どうしたらいいんでしょうね。
同社ではないですが友人も日本酒を若い世代に狙いを絞って1年で数億のECに。飲む以外に自宅でどのような置き方になるか?というデザイン部分から発進したのがユニークでした。
「保管しやすい、飲みきれる」

もやしもんのキャラクターがかわいい、ではないのか。
ワンカップの素晴らしさはもっと広く知られるべき
>缶だと光を通しませんし、風味を損なうことなく輸送できる

以前から、缶に入れた日本酒がありましたが、こういうメリットがあるのですね。

紙パックはどうなのでしょう?
日本酒缶の実現には、酒造メーカーだけでなく、製缶メーカーの努力や提案も大きかったと聞きます。
縮小傾向にある飲料用缶の市場に抗う一つのイノベーション。
蓋付きカップ酒のほうが便利なような。少ない方が好まれるとすれば実に破壊的イノベーション。
そういえば金属缶入りの日本酒ってほとんど無かったですね。

そのうちワインも出てきたり?