[東京 13日 ロイター] - 岸田文雄首相は13日午前の参院本会議の代表質問で、観光支援策「GoTo」事業について、安全・安心の確保を前提として抜本的に見直すとともに、再開時期を慎重に検討すると述べた。公明党の山口那津男代表への答弁。

岸田首相は、GoTo事業に関し「ワクチン接種証明や検査の活用による安全・安心の確保を前提とした仕組みに抜本的に見直すとともに、週末の混雑回避の工夫や中小事業者への配慮なども検討していく」と表明した。開始時期に関しては、感染状況などを十分に踏まえて「慎重に考えていく」と語った。

新型コロナウイルスの感染状況について、岸田首相は「足元では感染者数は落ち着いているが、楽観はできない」と指摘した。山口代表は、感染再拡大に備えたワクチンや治療薬の国産化支援について質問。首相は経口治療薬について「対策の大きな決め手で、国産治療薬の研究開発を積極的に支援する」と強調した。