新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
半導体不足と言っても、ANDやORなどの標準ロジックはむしろ余っています。足りないのはもっと集積度が高く、しかもある程度汎用性のあるASSPのような製品です。こういった製品を使わずに標準ロジックなどでもシステムを作ろうとすれば作れますが時間がとても長くかかってしまいますので、結局高集積ICを使わざるを得ない状況です。ファブレスとファウンドリに分かれていますが、ファブレスのベンチャーが続々誕生しており、ファウンドリが担うべき製造がタイトになってきているのが現状です。
日本にはファブレスはあっても規模が小さく、それも日本の顧客を相手にする限り大きくなれません。グローバルな顧客をつかむためには開発設計段階から一緒に組む必要があります。これが半導体ビジネスです。日本の最も弱い所ですが、これができると日本は伸びます。だって世界の半導体市場はどんどん成長していますから。
半導体不足が来年まで続くと言うのは各業界で同じ認識のようですね....
「世界的に見れば2021年第3四半期のPC市場はCanalysが5%、IDCが3.9%の成長を示していることが報告されています。しかし米国では前年比マイナス9%以上(Canalys)と報告されており、電源管理用チップやWiFiチップの供給不足が報告されています。ただ、一方では米国では買い替え需要がすでに一巡して売上げの端境期にあるとの見方もあります」