新着Pick
831Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
RepublicのKendrickさんとはありがたいご縁で仲良くさせて頂いていますが、本当に素晴らしい、ミッション・ドリブンな方です!

例えば、プラットフォーム上では、刑務所経験がある黒人起業家がそのシステムを改善されようとされるテックの開発のための調達が可能となったり。

RepublicはSheworxと言う女性ネットワーキングプラットフォームも2020年に買収し、多様な起業家の調達を支援してきました。

トークンプロダクトもあり、これからも更に楽しみです!
Uberがユーザーの人に株式を持たせられるようにしていた話はとても興味深かったです。このようなユーザーが株を持つことでサービスのグロースが加速するタイプの事業は親和性がありそうですね。

一方でB向けの事業だったり、資本政策がシンプルである方が良さそうな会社がrepublicを通しての投資を歓迎しているのだとしたら、それが何故なのかについて知りたいなと思いました。
「何でもアリ」を防ぐ仕組みが重要。HPをみると、自社でのデューデリがあり、またSECに必要な書類を提出していたりすることも必須条件で、プラットフォーム上で投資可能になるのは申請した企業のうち2.5%未満とのこと。
『Republic is a highly curated platform. We only feature select startups that pass a thorough due-diligence process, followed by analysis from an expert investment committee. To be listed, startups must file their offering documents with the SEC.
We believe that the only way to earn trust and build a long-term relationship is to bring quality investment opportunities to our users: of the thousands of startups we review, less than 2.5% end up on the platform.』

デューデリなどの詳細は下記。
https://republic.co/learn/investors/how-we-select-startups
大きな転換点は、SECが今年3月に、Reg CFというアーリーステージのスタートアップが使いやすいRegulation Crowdfundingで集められる金額をこれまでの$1M(約1.1億円)から、12カ月内という期限内で最大$5M(約5.5億円)に引き上げたことですね。これで一気にスタートアップによる投資クラファンプラットフォーム活用が増えたように思います。
なお、クラファンといっても株式投資なので、会社が株式の募集・販売をするにはSEC規制が入っています。これまでの多くの場合、SECへの登録免除規定のRegulation Dというスキームで行われてきましたが、↑に述べたようにReg CFというスキームで調達できる金額が$5Mに引き上げられたことがRepublicの躍進の一因だと思います。
いずれにしても、今までは適格投資家(Accredited Investorという)が中心だった世界に、非適格投資家、すなわち、誰でも投資できるようSECのルールが緩和されてきたのが大きいと思います。
スタートアップへの投資プラットフォーム。スタートアップのニーズは高い。スタートアップの借り入れは難しい。クラウドファンディングで出資してもらえれば、思い切って商品開発やマーケティングに集中できます。知名度アップにもつながる。

個人投資家のニーズも高い。簡単に少額から投資できるのがいいですね。海外フィンテックのスタートアップの中には光っているところが結構あるのではと思っています。Republicへチャレンジしてみようかな。
顧客や従業員、取引先など、その企業の「関係者」が株を持つのはすごくいいと思います。
コミットメントが高まり、企業が成功すれば成長の果実の一部を享受できるというサイクルは美しいと思います。

上場企業でも、関係者のみが売買できるような制限をつけたらどうかな?と考えたことがあります。
関係者が、良いと思えば株価が上がり、何か不満や不平が増えると株価が下がる。
最もわかりやすく正当な株価評価では?
まあ、それだと「誰でも株式を売買できる」という上場市場の意味がないわけですが。笑

なので、非上場の企業でも、「関係者の評価で株価の値つけがされるような仕組み」が形成されると面白いかなと思います。

(将来、私の仕事は無くなっていくのかも…)
個人の思考や社会の流れがより反映されやすくなる、素晴らしいサービスだと思います。
この仕組みにより、社会が変わるまでのタイムラグが短くなるのではないでしょうか。
クラファンでエンジェル投資が出来るのは素晴らしい。

一方でエンジェル投資家の話を読んでると、興味深い案件というのは大体が創業初期に投資家やVCが決まっていたりする。
お金を誰が投資するか、というのはスタートアップにとっては大変重要で、初期の投資家からのアドバイスや情報提供がなによりも重要だったりする。投資家側もお金を入れているからこそしっかりとバックアップする、というのが初期のベンチャー投資という理解。初期の投資家は経営に関するノウハウ情報や起業家との関係性がコアバリューということになる。

クラファンによるエンジェル投資は本当に初期の初期というわけではないことは理解しておきたい。
日本だと、日本クラウドキャピタル(FUNDINNO)、イークラウド、CAMPFIRE Angels、ユニコーン、AngelNavi(旧:SBIエクイティクラウド)ですね。運営会社の株主構図を見るとおもしろいです。

日本クラウドキャピタル ー事業会社30社近く(野村ホールディンディングス、第一生命保険、東急)
イークラウド ー大和証券グループ会社、XTech(VC系)、ジェネシアベンチャーズ(VC)、セレス
CAMPFIRE Angels ーCampfire
ユニコーン ーZUU
AngelNavi ーSBI傘下だったが、SBIが全株譲渡で運営会社変更
まだまだ規制が強いのでねぇ