新着Pick
41Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
復興債は環境・デジタル化戦略に使われますので、保有している投資家は、そうしたプロジェクトへ協力していることになります。それが評価される体制でもありますから、自ずと投資家のニーズも高まります。実にEUらしい仕組みだと思います。
人気 Picker
EUは、2026年までに環境債で2500億ユーロを調達する計画だ。この資金は、「移行への解決を提供するためという一定条件の下」では、ガス火力発電にも提供される。
「政府債市場で過去最大規模のグリーンボンド起債となったが、発行予定額を11倍以上上回る1350億ユーロ超の応募を集めた。」
グリーンボンドが人気のようです。長引く長期金利も追い風ですね。