新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
営業がほとんどいなくて、広告などほとんど打っていないので、マイナスはほとんど研究開発費なのかな。
PFNのデータサイエンティストは、パラメータの設定・モデルの当て込みが上手いという噂が先行していて、実態が見えづらいのですが、決算結果をみてもピンとこないのはやはり表舞台に見える成果物が無いから。

「売上高84億円超!」をどう判断(大きい?!)すればいいのかも、わからない。でもきっとすごいんだと思う(思いたい)。それがPFN。
これを高いと考えるか低いと考えるか。
数年前のラウンドで3000億円超のバリュエーションだった。一方で、なにをどういう費用に計上しているかわからないが、プラットフォーム提供というより個別のAI案件対応という事業モデルに今のところは見える(基盤技術・知見などは共有しているものは多いと思うが)。なので基本的には原価になりそうに思うが、販管費がものすごく大きいのはそれとはギャップ。
そしてそのうえで売上84億円や現在の収益性は、数年前のバリュエーションでの期待値と比較して、どうだったのだろう?
売上85億、売上総利益68億、販管費78億、営業利益▲10億、どれだけ研究開発に投じているかを表していますね。研究先行できる数少ないAIスタートアップとして期待しています。
推定評価額が3516億円と、日本のスタートアップで最も企業価値が高いPreferred Networks。

今、多くの人はPreferred Networksをどのように見ているのか、気になります。
単体PLとBSを見てもさっぱり何のことだかわからないですね。
企業価値3000億とも4000億ともいわれている日本が誇るPFNはクライアント企業とJVを作りまくっています。
今回のロボもそうですし、過去のリリースを見てもENEOS、三井物産、DeNAなどと合弁設立しているようです。連結トータルで見てみたい。