新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
9月の理事会の議事要旨がタカ派的な印象を与えたためか、ここへ来てラガルド総裁に続いて、レーン専務理事もトーンを修正するようなコメントを表明していることが興味深く思います。

ユーロ圏経済も転換局面なので、理事会内に様々な意見が出ることは自然ですし、敢えてそれを見せることで、PEPPの今後の運営やその後の政策の正常化に対する市場の期待を、徐々に誘導しようという高等戦術かもしれません。

その一方で、グローバルな金融市場にはこれまでとは異なる不安定化要因も浮上しているだけに、市場参加者にとっては歓迎されざる動きと見えるかもしれません。