新着Pick
313Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Tribeが面白いのはデータを単にスクリーニングに活用しているだけでなく、動画で言われているような投資した後のサポートにもデータを活用しているところですよね。データでいい案件を見つける→いい企業に投資して、データ活用してサポートする→企業が伸びる&有益なデータが集まる→スクリーニングとサポートの質が上がるというポジティブサイクルを回している点が彼らの強みです。
シリコンバレーでは、個人個人のコネクションが見えない糸のようにつながっています。しかし、近年ではスタートアップの抱える膨大な事業データを使って、有望な投資先をスクリーニングしたり、事業アドバイスをする投資家集団が登場しています。

トライブキャピタルは、フェイスブックを世界最大のSNSに育て上げた、データサイエンティストらが深く関わっているVC。その圧倒的なノウハウを使って、年間300近いスタートアップのデータを預かり、その数字を膨大なレポートにして、投資判断をしている会社です。

創業者にインタビューしたら「上場企業ではいくらでも公開データで、将来性が分析できる。スタートアップは、ただそれをやってなかっただけ」と非常にクール。投資の世界をデータで塗り替える、注目のプレイヤーです。
データを使った〇〇、そう、まさにVCの世界にもこのデータが大きく活用される事例を紹介します!

300社近いデータをいろいろ見て、コンサルしてあげる→企業はみんなよろおんで、そのデータを元に改善→これで改善したら、投資先としてステータスUPもできる。

スタートアップにとってみたら、これって嬉しい以外の何者でもないですよね。「データ見てあげるよ」というところまで行き着くまでにも激しい競争があると想像しますが、こういう差別化はとても面白いです。
アメリカで教えていた時代に「アップルではすべてジョブズが決める。Googleではすべてデータが決める」という記事を使って議論したのを思い出しました。「VCはビジネスモデルではなく、人を見る」なんてよく言われますし、スタートアップが「これまでにないサービスを提供する」のであれば、成長パターンも「これまでにないもの」だったりするのではとも思うのですが、そこも含めてデータと人の役割分担はまだまだ変わっていくんだろうと思いました。
元Facebookのデータサイエンティストが、スタートアップのあらゆるデータを分析して、大きく成長すると判断できた企業に対して投資するという、データドリブンなVCが紹介されています。

どんなVCであっても、成長に関するデータを把握して投資判断をするはずなので、違いがあるとするならば、

・コンサルティングも提供されるので、通常よりも情報開示の幅・量が増える
・より詳細な、通常だと無視するような情報もインプットとしている

といったことが考えられます。

それから、良い指標を叩き出せているスタートアップに投資するのは当然ですが、一見悪く見えるけど、データ分析の結果から、潜在力がすごいといった判断ができているとすると、競争力のあるVCになるはずです。
トライブキャピタルはカウフマンの同級生でソーシャルCapitalの創始者でもあるテッドがFacebookのデータサイエンスチームと始めたファンドです。弊社とすごく視点が近いこともありとても近しいファンドの一つです。日本ではデータドリブンファンドというとコリレーションキャピタルの方が知られているようですがトライブの方が良い成果を挙げており米国では知名度も得ています。注目すべきファンドだと思います。
今週の #伝書鳩tv はオリジナル特集「スタートアップ化する世界」とのコラボ!
まるでぽっぽーが乗っ取られたような感じで始まる特別編です🐦
Tribe Capitalはサイトを開いた瞬間、投資先のバリュエーションが降順で示しているのがすごく印象的。VCとしての覚悟、投資先のスタートアップは他社に負けないぞというマインドになる。
https://tribecap.co/
Tribe CapitalのWebには有望企業リストを載せています。トップ評価は暗号資産関連が占めています。フィンテック関連も多い。時価総額の高さは日本のスタートアップと比べ桁が全く違います。

どんなデータを使って、どう評価しているのか、詳しく知りたくなりました。
この会社かっこいいっすね。
パートナー候補が現れたら「とりあえずデータ見せてください」って言って、データを元に投資するかどうかを判断したりアドバイスするっていうのが非常に新しい反面、すごく説得力を感じます。
Facebookをグロースさせたデータサイエンティスト達が関わっているVCっていうのも興味深いですね。
やはりデータが命ですね!