新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中立的立場にあるはずのiMFや世銀に不正。しかもトップが関与していたとは。IMFの事務方としてはトップに強権的に押し付けられれば、首を覚悟の拒否はできません。

85位から前年並みの78位に引き上げられたということですが、前年並みというのがポイント。中国の担当者の首がかかっていたのでしょう。前年よりも順位が下がったという評価は、なんとしても避けなければならなかった。

不正上底をしてでも、世界で評価されようというその姿勢を直さなければ、中国は真の大国とはいえません。
各国の要請や圧力によって変更されるランキングだと分かった以上、報告書の信用度低下は避けられません。
一つ気になる点として、ランキングの上昇によって中国の出資金が増額されたのでしょうか。
監視カメラに撮られなくても、「不正」はいつか必ず表に出てくる、との時代になったことを理解しないと…