新着Pick
205Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
農業や牧畜で生きている社会ならば、共同体が無ければ生活を維持できません。生産活動は共同体でなければできないし、結婚も出産も育児も、個人の選択ではなく、全ては共同体を維持していくのに最適なようにする以外の選択肢はありません。
 本当に大事なのは村単位の共同体を維持することで、国家への帰属意識や忠誠心などありません。国家規模の軍隊や警察など、つくろうとしても何かあればすぐに自分の出身地へ帰ってしまい、あっという間に跡形もなくなります。2か月前にアフガニスタンで起きたことです。あの人たちは国家が無ければ生きていけないとは思っていないし、政府など出稼ぎ先くらいにしか思っていません。
 自分たちの共同体を守るため、であれば、本当に命がけで戦うし、共同体を解体させようとする外部の勢力は絶対に許せない敵で、隙を見て襲撃するか、勝てないとなったら、集団で難民になってでも共同体を維持します。
 そういう何万という各地にある共同体を、何度も起こる反乱を制圧して解体していくのが近代化というものです。全国で同じ教育を義務づけ、できるだけ高等教育を受けられるようにして、若者は事務仕事ができるようにして都会に出て行くようにする、そして伝統的な共同体を解体できます。人々は、先祖代々の共同体のことなど、気にしなくてもよくなります。
 これは、先進国は全てやってきたことで、やらないと1人当たりGDPが1万5千ドルを超えることはできないでしょう。そして、一度共同体を解体して先進国になれば、もう後戻りはできないことです。
日本は本当にいい国と思いますが、一方で以前研究室のブログにも書いたのですが「おたがいさま」といった精神がだんだんなくなり、「金を払う客が神様」的な行き過ぎも見られるようになっています。他人との距離感がつかめなくなっているし、大人が教えられないから、ますますその方向は進んでしまうのかなと危惧しています。
リンダ・グラットン氏&アンドリュー・スコット氏が『Life Shift』で触れた変身資産では、多様性に富む人的ネットワークの重要性に触れていました。これは言い換えれば、頼れる他人をもつということです。

他者との関係性をもつことで、上手に頼り頼られるようにありたいです。
お弁当は注文制の話が刺さりました。

当たり前→有難い ですね。

日常の頼ってる人に当たり前と思わない癖を付けないといけませんね。
みんなが、得意分野を提供し、苦手分野を助けてもらいながら共生できれば、世界は、どんどん良くなるでしょうね。

多様性は理解することも大事ですが、それを上手に活用することで、すばらしい効能も得られます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。