新着Pick
2472Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「外でランチをする」は、とても実感します。忙しさのあまりデスクでランチするより、30分でもあれば極力外でクイックランチをすることで、午後リセットできて効率が良い気がしていたので、記事で納得します。

朝の貴重な2-3時間の有効活用は、伸びしろが多くありそうですね。朝、数分でも「内省の時間」を取り、自分がどうありたいか、今日一日どう過ごしたいかということを想像してみるのも、願えば叶うという脳の思い込みから現実になることへ繋がっている気がします。

さらに、1日を超えて1週間、月単位でどう過ごすかも大事かと。特に、部下を初めて持つマネージャーや急に責任範囲が広がった場合、これまでの時間の使い方では仕事が回らなくなります。Todo リストや先々の仕事のプラン、デリゲーション(部下にどう振って任せるか)を定期的に振り返るルーティンを決めておくと、仕事の効率化=有効な時間へ繋がります。

時間の有効活用は。豊かなライフスタイルへ繋がるので、意識することが大切ですね。
・朝の1時間は夜の1時間の4倍に匹敵
・集中力の高い時間に集中力の必要な仕事をする
・集中力の敵は「雑念」で、効率性を高めるには雑念の排除が不可欠
・朝の2時間は最高の自己投資時間

朝の方が仕事の効率が高まることは肌感覚としてもありましたが、まさか夜の4倍とは。
集中力を発揮するには、時間帯だけでなく、その時間に適した作業内容の工夫や時間のリズムの作り方、雑念の排除の仕方、集中力のリセットの仕方など、自分に合った環境をどれだけ作れるかにかかっているのだなと考えさせられました。

『スキマ時間を「考えごと」「判断」「決断」に活用すると良い』というのは本当にその通りで、スキマ時間でパシパシと決め事を作っていくと、スムーズにその後の仕事に移行できたり、机に向かってじっくりと考えるよりも意外と良いアイディアが浮かんできたりします。
コロナになって長年培ってきた脳のリセットタイミングが無意識に失われている感覚もある。withコロナでライフスタイルや仕事の仕方が一変したが、確かに時間の使い方、リセットのさせ方、マインドフルネス、はもっと意識してやらないと長期滞在の宇宙飛行士のように気がつかないうちに体や脳や心が少しずつ良くない方向に行ってしまうリスクは、身に染みて感じます。
1日を2倍に活用できる究極の方法、それは「運動をする」こと。これは実感しています。軽いランニングが考える時間にもなり、目から飛び込んでくる色々なものがヒントを与えてくれます。
>運動する時間帯は午後4時ごろが理想的だが、夜であれば就寝3時間前までに行おう。
>適切な運動時間は60〜90分である。それ以上の運動は集中力を下げるため、やりすぎないよう注意しよう。

夜の就寝1時間半前まで運動を行ってます。そもそも、集中力を高めるためではなく、クタクタになって熟睡できるように、です。

午後4時頃に運動するのは痩せる効果もある、とテレビでも紹介されてましたが、その時間に運動できるビジネスパーソンがどれだけいるだろうか、と思います。理想論はそれとして、もっと現実的でベターな案を示した方が良いのでは。
早朝起きてから2-3時間がもっとも集中できるというのは納得感があります。
そして、夕方の有酸素運動が効果的というのもわかります。

でも、夕方運動しようと思っても、夕方になると何かと仕事が立て込んできたり、ノッてきた仕事をブツッと切り上げてしまうのももったいなくて、結局夕方に運動するのはムリと割り切ってしまいました。

自分の場合、トレーニングの時間は給与天引きと同じ発想、早朝にとっととやってしまって、残りの時間はすべて仕事という時間の使い方に落ち着いています。
間違いなくそう思う。至善館の修士論文書いてる最後一か月は朝4時からのゴールデンタイムにいかに頼ったか。
前日の夜で頭回らない時はすぐ寝て、早朝に起きてすぐPC開く。これで驚く程効率は改善する。

『人間の脳は、起きてから2、3時間のパフォーマンスが1日で最も高い。脳が疲れておらず、脳内も非常に整理された状態にあるからだ。
「脳のゴールデンタイム」と呼ばれるこの時間帯は、論理的な作業や執筆、語学学習といった高い集中力を要する仕事を行うのに適している。
脳科学的に最高のパフォーマンスを発揮できる時間帯に、それに合った仕事をすると、仕事の効率を2倍以上に高めることが可能だ。朝の1時間は夜の1時間の4倍に匹敵する。』
時間術系の本はよく見かけますが、集中力に焦点を置いて質を高めることにフォーカスしているのは良いアプローチだと感じました。
無理に集中しようと気張るのではなく、集中しやすい時間に集中が必要なタスクをぶつける。意識したい考え方です。
メモメモ。集中力は簡単に途切れやすい&最も集中力を必要とする系仕事は起床後2~3時間、と!
朝に運動をすると1日の集中力が上がるなんていう話もあったりしますよね。
通信による集中の阻害はいつも敏感に感じていたので今では常にマナーモード、バイブレーションすらなしの設定で落ち着いています。
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。