新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドコモ回線を利用したMVNO事業者に対して、一定の条件をクリアしたプランについては、ドコモ店頭の商材として、ahamoより更に小容量で良いというユーザ向けに、ドコモのエコノミーMVNOとして扱ってもらえるという事ですね。

ドコモは、昨年末に発表された新料金戦略でも、ahamoより低価格のプランについては自分たちで作るのではなく、MVNOに担わせることで共存共栄していくという考えを示していたので、この戦略に則った施策かと思われます。

こちらの記事の方が詳しいので、ご参考まで。
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2110/07/news102.html
ドコモ攻めていますね!(楽天モバイルつらそう。。)

10月21日開始:ドコモのエコノミーMVNO OCNモバイルONE
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/500mb.html
ドコモではなく、あくまで提携MVNO

ほぼフェイク見出ししか付けない共同通信
docomoのメリットは、dアカウントとdポイントの連携。
d払いやdブック、dカードなどのサービスを契約してもらえるか。
エコノミーMVNOには、docomoサービスの販売代理店みたいな役割もあるのでしょうか。

docomoは、dアカウントなどで間接的にMVNOユーザーを囲い込める。
エコノミーMVNO対象プランから上位プラン(ahamoやギガホ)に移行した場合、MVNOには何が残るのだろう。ずっとこのままではなくて、変更される可能性はあると思うけど。
5G時代に小容量ではと思うのですが、一定層はそれで十分な人たちもいますよね。docomo回線であればエリアの問題もないでしょうし。戦略的にもdocomoはこの方針が良いと思います。自社でプランを持つ必要はないですね。
株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大手の移動体通信事業者(MNO)である。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア

業績