新着Pick
116Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「脱男社会!」や、「女性活躍!」、というよりは、
単純に多様な幹部がいた方が、その会社も業界も発展する世の中なのかな、と感じます。

商社ですと、その先に多くの人もいるでしょうし、より必要なのかもしれません。
メディアも同様ですね。
人気 Picker
大昔自動車会社にいたころ、南米に出張して、現地で取引先の商社の方にご自宅に夕食に招かれました。その地ではあまりよいレストランもないので、自宅でお客をもてなすらしいのですが、もちろんそれは奥様の役割。私は強烈な違和感でどう振る舞ってよいのかわからず、商社の方も「お客筋だけど若造の女」をどう扱っていいのか戸惑っていました。

今、商社ではそういった商売の比率が小さくなりました。投資などの「デジタル」仕事が多くなれば、より多彩な人材が求められます。時代の流れですね。
就活中の学生さんと話すと、商社希望の人は男性ばかり。
もちろん女性もいるのですが、将来的に責任あるポストを狙いたいという人ほど「商社だと難しい」と感じている人が多い印象です。

個人的にはだからこそチャンスなのに、とも思います。今の状況に危機感を抱き女性活躍に本腰を入れる、もしくは入れようとしている会社を選ぶと、そのチャンスの波に乗れる可能性は高まります。
「女性活躍」なんてしちめんどくさいことを一切言わないところが今の職場の良いところだと思っている…

総合商社さんについて言うと、そんなに人材を多様化したいなら一般職に男性を積極採用するとかいっそ一般職無くすとかしたらいいのではないかと思います…男女の雇用機会均等という意味で…
少し前ですが、ここにも出てくる大手商社の人事の方が、「成績順に並べると上から20人全部女子」と言っていたことがあります。それだと具合が悪いのでいろいろやるということですが、結局これまでの仕事、物差しを変えないで女性活躍といっても中途半端で終わってしまいます。医師会を怒らせないようにして医療体制の整備を進めた結果、どうなったか。

商社の女性は非常にパワフルな方が多いので、ぜひ日本企業のモデルになればいいと思います。
素晴らしい!また男性でも、例えば、海外拠点はその地を愛する現地採用の日本人も是非幹部育成に登用してほしいです!これから商社のような業界こそ、外国人・女性だけではなく、日本人男性も多様な採用・幹部登用を検討いただく方が、絶対に魅力あふれて強い会社となり得ると信じています!STAY GOLD!!
【企業のイメージ戦略?】
いい流れだとは思います.
ただ,女性が幹部にいないから解決できない問題がある,管理職を心から望む女性が多い,そういったひっ迫した要求からくるものではないのかなと考えます.ちょっと企業イメージ戦略にも聞こえました....

女性の活躍を強要するのではなく,活躍できるような機会を提供するくらいであってほしいです.平等である必要はなく,公平であることが重要です.
伊藤忠商事は1日に「女性活躍推進委員会」を発足。委員長は、厚生労働事務次官を務めた社外取締役の村木厚子さんだそうです。
丸紅、三井物産などそれぞれ女性社員の育成に力を入れているようです。
「多様性の強化」というよりは、優秀な人材を採用するための、「タレントプールへのアクセスの強化」が目的でしょうか。

今は女性にリーチ出来ていないという課題認識があるということかと思いますが、「人材の多様性」という観点であれば、男女の違いはもちろん一つですが、経歴による違い(例:東大の理系大学院、関西の大学の体育会、高校からアメリカ)でも、結構な多様性は確保出来るはずです。

差別とかではなく、業界や職種によって男女差が出るのはある程度やむを得ない(個別企業レベルでは変えるのが難しい)ケースも多いので、企業文化や人事制度だけの問題ではなく、女性が興味を持ち易い産業・ビジネスに取り組まないと大きくは変わらないのではないか、という気もします。
組織の文化はなかなか根深い。簡単に変わらない分、本腰を入れて動くのは正解だと思います
#キャリアコンサルタント
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
5.42 兆円

業績