新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これからは茶の戦国時代だ!
日本を含む世界中の国々でお茶の新しいムーブメントが広がっています。ウェルネスという言葉とともにお茶の市場規模が急拡大しており、特に中国ではリプトン級のお茶ブランドが複数立ち上がってきています。
・ティーバッグブランド「茶里」
https://36kr.jp/108860/
・ティードリンクチェーン「tea'stone」
https://36kr.jp/116289/
・Z世代に大人気店舗ブランド「sexy tea」
https://www.sexytea2013.com/

タピオカだと有名なのは日本にも上陸した「奈雪の茶」「heytea」で、彼らは彼らで継続成長しており、マーケット時代が大きくなっているのだというのを実感します。
日本では最近までタピオカミルクティーがブームになっていましたが、中国においては昔からスタンダードな飲み物として長く親しまれているもので、マーケットももともとめちゃくちゃ大きいのでブームではないですね。
中国の地方都市ではコーヒーチェーンのお店なんか一軒もない、なんていうのは今でもザラにありますが、お茶、ミルクティーのお店は割とどこにでもある、そのくらい普及しています。ゆえに企業間競争も熾烈を極めています。

日系企業に勝機があるか?で行くと、
①日本らしい素材となると、抹茶、緑茶、玄米茶、麦茶?くらいしかないので、差別化しにくい。
②抹茶は中国でも人気だが、本物の抹茶は作られておらず、日本から入れると価格競争力がなくなる。中国現地は抹茶と、「なんちゃって抹茶=すごく濃い緑茶」の違いが分かる人はほぼいない。抹茶と謳って出回ってる多くの商品はすごく濃い緑茶。
③猛スピードで店舗展開、フランチャイズ展開するリスクを取れない。

ということで、なかなかハードルは高いかなと思います。
コーヒー/緑茶派なので、それ以外のお茶市場がこんなにも拡大することを不思議に感じてしまします。健康志向以外の付加価値があるんでしょうか
「ティードリンク市場は2021年に1000億元(約1兆7213億円)を突破し、店舗数は50万店を超える見通し。ブランドの定着とともに投資が持続的に行われることで、今後5年間は成長率20%以上を継続すると予想されている」