新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社CFOの河合の登壇です。なかなかこういうところに露出しないのでレアですね。

第1回目の緊急事態宣言のタイミングは本当に未来が全く読めずテーマは「事業の継続と雇用の維持」でした。

1年間、外に出れない・おでかけできないみたいなシミュレーションもありました。

大きな魔法というより、一つ一つできる打ち手を打っていったなぁと河合の発言をみながら思い返していました。

まだまだ、コロナ渦の収束はみえていないですが、あの当時に比べるとだいぶ楽にはなりました。
今だから落ち着いて話せているものの、昨年3月、4月の売上90%減の時は、生きた心地がしなかったんだと思います。苦境から乗り越えた企業もあれば、どれだけやることをやっても、必ずしも乗り越えられるわけではないけど、ここの2社に共通しているのは、(1)スピード感もって動いたことと、(2)思い切った行動をとったこと。アソビューは在籍出向で販管費を大幅減、エアトリはコロナ禍で間違いなくニーズがあるPCR検査事業の立ち上げ。言うは易く行うは難しで、この大胆な意思決定はすごいです。
コロナで大打撃を受けたエアトリとアソビューのCFOが語る生々しいお話。アソビューの雇用シェアリングはとても早く、自社だけでなく他社にもリストラではなく、雇用シェアリングをしましょう!と巻き込んでいたのがすごく印象的です。

コロナ直撃のベンチャー経営者は、緊急事態に何を考え、そして実行したのか。
https://note.com/tomohisa0509/n/n9b7a4c508605