新着Pick
435Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あのテンセントが買収を狙っていた企業を、バイトダンスが横取りした。中国IT業界で注目の話題をお届けします。

買収された企業はPico。VRヘッドセットのメーカーです。フェイスブック、テンセントを筆頭に米中の大手IT企業は今、仮想空間を共有できる新サービス「メタバース」への投資を強化しています。バイトダンスが今、ここに割って入ろうとしているのです。

「IT業界、次の10年のチケット」とまで言われるメタバース、なぜ大手IT企業はこの分野を譲れないマーケットとみているのでしょうか。

中国版テッククランチことITオレンジの創業者・文飛翔さんにうかがいました。
メタバース、盛り上がりようとしているのは凄くわかるのですが、実は要素技術やその基礎コンセプト自体は随分前からあるものの組み合わせての要素が強いように思います。だから、ダメだということが言いたいわけではなく、組み合わせは極めて重要です。

ある意味、要素技術がようやく整いつつある中で、これを融合していよいよ仮想世界を作ってやろう、というある種の気運の高まりということでしょうか。

ニッチ型かマス型か

ゲームのようにまずは全員参加型ではなく一部の熱狂的なユーザーのみで進化するほうが健全なのでしょうね。SNSのようにマスを取り込む形での進化となると、実際はまだ暫くは温度感にギャップがある気もします。いずれにせよどういう進化を辿るのか楽しみです。
Facebookはメタバース企業になると言っているものの、今後2年間で約55億円の投資、メタバース実現には10-15年かかると慎重な動きを見せていることが気になっています。

参考:
Facebook、「メタバース」開発に向け55億円を投資 「実現には10〜15年」
https://newspicks.com/news/6222864
バイトダンスのPico買収はテンセントから強奪したんだ?!しかも金額はこちらで報道されてた700億円を1530億円。Pico3は年内に60-80万台。中国も1年遅れで立ち上がりをみせてきた!これはVR産業にとって凄く大きな出来事だ!
非常に興味深い分野ですし、ポストスマホとして、デバイスかコンテンツか分かりませんが、次はここだと思います。最初のオキュラスゴーを購入し使い倒しましたが、非常に可能性を感じました。文末に記載の通り、コンテンツが増え、また没入感がもう一段上がると一気に市場が広がる気がします。アーケードゲームなどでも普及すればゲーム市場の隆盛と上手くリンクしそうですよね。要注目です。
もともとVRに早くから取り組んでいて、キャラクターIPも、家庭用ゲーム機器も強い日本は、このマーケットでNo. 1取れるポテンシャルは十分にあるはずなんですが、アメリカ、中国のスピードと桁違いの投資に対抗できるかが鍵になってきます。
個人的にはこの分野で日本が先行できるとゲームチェンジできるのになとぁと考えているので、日本勢も是非頑張っていただきたいですね。
仮想空間が最近騒がれていますね〜。

中国はネット鎖国状態なので、国内企業が強くなるのは理解できます。

ただ、世界的にVRが浸透するかどうかは、いささか疑問を抱きます。

ガジェット好きの私は、いままでVRゴーグルを複数購入しましたが、ほとんど使っていません。

ゴーグル外の視界が完全に遮られるのが最大の原因です。
ゴーグル見ながらお茶も飲めません。

この不便さを何とかしてくれないと、普及は難しいのではないでしょうか?
中国でもメタバース!来週末は、NewsPicksのオリジナル特集でこの「メタバース」について取り上げます。
メタバースという言葉が流行り出し、そこに参入する企業も増えてきている。
VRデバイスが生活者の日常になるにはまだ時間がかかる。
しかし、5Gによる通信速度の向上などインフラが整うほど、世の中も流れに乗る。

ゲームコンテンツだけでなく、日常にいかに溶け込めるか。
あと少しで変化が起きそう。
メタバースの未来には確実にVRが関わってきます。
とはいえ、その未来がいつ来るのかはなんともいえないのが現状。
ポストスマホと言われていますが、個人的にはSwitch/PS5やPCのようなある目的を持って使うデバイスの方が役割として現実的なのかなと感じます。
この連載について
中国などの世界最新ビジネストレンドを紹介する週間連載。独創性にこだわりすぎず、競合の長所はすぐ学ぶ。「Think Different(異端であれ)」より「Think Different, Later(やってから考える)」な事例を取り上げる。