新着Pick
374Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現状若い議員はほぼ2世、3世議員。あるいは過激な発言をするNoisy Minorityを代表する議員。これだけボランティア、NPO、あるいは社会起業家が日本でも注目を浴びている中で、政治だけ昔の世界のままの気がします。デフォルトを変えるのは大変ですが、SNSもふくめて選挙のあり方自体から変えてしまうような若いパワーに期待したい。

欧州やタイなどではデモが盛んに起きているニュースなどを見ても、日本は「いい国」なんだなあとは思いますが、すでにゆでガエル状態になっているのかもしれません。
2001年あたりから、大学生くらいの世代がドイツ自由民主党(FDP)に加入しよう、という運動が活発になりました。実際、自由民主党は、若い世代の入党者数では、他の党よりも際立って多くなりました。
 このような運動が起きたのは、大学生くらいの世代に、自分たちには政治的主張がある、それを実現するためには議員になるのが一番で、議員になるのが一番容易なのは自由民主党だからだ、という主張に説得力があったからです。自由民主党は、総選挙で全国の票の5~10%くらいを取る政党で、議席を持つ党としては、最も小さい方です。そこに20代が何万人も加入すれば、自由民主党の主導権を取れる、という主張でした。
 今では、自由民主党は2001年以降に加入した党員が主導しています。政治を変えたいなら、デモに行こう、でも、選挙に行こう、でもなく、政党に加入しよう、というのが最も効果的でした。
 自由民主党の主な政策は、自由主義、小さな政府で、ひたすら減税を打ち出して自営業者やホワイトカラーの票を得る、というのが伝統的でした。若い世代が大量加入したことで、若い世代のための積極的な財政を主張する党になりました。教育の無償化、移民がドイツ国籍を取得しやすくするようにする、等です。今のドイツでは、若い世代というのは移民の割合が大きくなっています。
 自由民主党の議席は増え、今回の総選挙では、全国の票の11.5%を取り、議席は92になりました。
「事業の進捗発展に最も害するものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈である」

そう語ったのは、「別子銅山中興の祖」といわれる、第二代住友総理事の伊庭貞剛さんである。「事業」を「国政」に変えても、そのまま通用するのではないか。まさに今の日本の政治の世界は「老人の跋扈」ばかりが目に付く。

一般の世界では、60歳定年。再雇用で65歳まで。最近でこそ、年金資金がとても怪しくなってきて、70歳定年なんて話も出てきているが、セージの世界は、どうやらそうではないらしい。今度の岸田内閣も「若手の登用」とか言ってるが、その平均年齢は61.8歳であるらしい。

これが企業なら、とんでもない老齢化組織だ。もちろん「歳をとっていること」が悪いわけではない。その経験を活用することも大いに重要だ。でも、シャープに敏感に、的確にタフに仕事ができる「働き盛り」は、やはり40代、50代である。

そして、バランス。20代、30代、そして女性も含め、多様な人材が活躍できる組織が望ましい。それはセージの世界も同じだろう。セージが「政治」とまともに捉えられるような、敬意を払える存在になって欲しいものだ。

老人はバッコせず、若い世代よ、失敗してもいいからドンドン出てこい。
明治維新の新政府の顔ぶれはみんな20歳代や30歳代でした。彼らが日本を変えました。日本もそういう若手がもっとたくさん出てきて欲しいものです。本当に日本の将来を考える人が。
議員の3人に1人が「40歳以下」。しかも若年層が今回の選挙を変えたというのがすごい。
あれだけ内輪の派閥闘争や年功序列で物事が決まっていく様子を見ると、若者も日本の政治に積極的にトライしようとはなかなか思えません。SNSやダイバーシティなどは口先で唱えるだけのおじいさんたちが居座る限り、国を変えることは難しいです。

小さいコミュニティでの自分たちの保身のためでなく、世界の中の日本として国民のための政治が行われるようになれば、本当に政治で次世代のために何かを変えることができるかもしれないと、若者も希望を持つようになると思います。
今回軽く調べて知ったのですが、ドイツは選挙で供託金が必要ないようです。

供託金 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9B%E8%A8%97%E9%87%91

こういったことをはじめ、選挙制度を変えない限り、ずっと今の政治が温存されるように想像します。
良い記事でした。「今回の選挙で、史上最も「若い」連邦議会がドイツに誕生したということだ。」という一文に震えます。日本の政治分野はジェンダーギャップ指数を下げる原因となっていますが、女性だけでなく、年齢的な多様性も問題です。20代、30代、女性、移民、 LGBTなどマイノリティの参画、公のところの多様性は本当に大事です。
国会議員は、若ければ良いという事ではないが、若い人たちが国会議員に成ることは大切です。長く続けたいのなら、若い時になって、早くに辞めれば良いという事です。30歳で当選し、60歳で辞める。これなら30年間、国会議員活動が出来るという事になります。60歳で辞めれば、セカンドキャリアも作れるはずです。
日本古い政治体制を刷新すべきだと思います。
自分たちの保身ばかり考えるのではなく、新しい世代の価値観や社会課題に合った政策が打てるよう、アップデートすべきです。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
マックス株式会社(英語名:MAX Co., Ltd.)は、東京都中央区日本橋箱崎町に本社を置く機械メーカー。 ウィキペディア
時価総額
849 億円

業績