新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
投資ペースが増加ということと、人員削減という話題が同じ文脈で語られており、何か不透明な気がする。

預かってお金は、投資してナンボだと思う。意志決定が速いことはいいことである、ただ、それが不透明であることは問題だと思う。

そしてこのニュースで一番懸念されるようなことは、投資は人に紐づく属人的な要素が強いため、削減された人がコアの人である場合、投資案件自体も消滅する(その人についていく可能性が高い)。その人でないと投資できないようなコンテキスト(文脈)も当然あると思う…。

個人的には、コケズニ、成果を生み出してほしい。
「失敗する確率は高くなるだろう。孫社長は深く考えず確率論でやっているだけだと思われる」
当然スタートアップ投資にはリスクがつきもの。「群戦略」とはよく言ったものですが、すでに異常なバリュエーションで必要以上の資金調達をして狂ってしまうスタートアップも出てきてしまっている現状において「群」の質はさらに下がって行くのでしょうね。
SBG株価は一向に上がらない・・・
ビジョンファンドの投資スピードが再加速。今年は既に115件で倍のペース。1件当たりの金額は1号ファンドの半分らしいけど、それでも366億円。凄まじいな〜w
今まで社外リソースに頼っていたデューデリジェンス業務を、内製化させるということでしょうか?

記事の文脈から懸念材料を読み解けませんが、短い意思決定期間で投資を更に加速させるということですね。
ブルームバーグの集計だそう。「ソフトバンクGが自己資本で出資する2号ファンドは年初から9月末までに115件に投資した。10兆円規模だった1号ファンドを超えたことは、孫正義社長が米ウィーワークや金融業者グリーンシルなどの失敗から立ち直り、投資判断に自信を取り戻していることを示唆している」としています
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
10.4 兆円

業績