新着Pick
282Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何百人もの面接をしていると、履歴書や職務経歴書に記載されている内容の真偽=過去のトラックレコードよりも、会社にジョインしてからの活躍期待=現在から未来に向けてその人を信頼できるか(任せられるか)をなんとか見極めたいという想いが強くなります。
そのような観点で、会社のpurposeやmissionなどへの共感を軸にした行動面接の手法はとても有用だと思います。
Amazonの質問事例は、よくできていますね(笑)そのまま活用できそうですが、やがて傾向と対策的なものが出回わるようになるでしょうから、企業側も常に変化と深化が必要です。
コンピテンシーや適合性を過去の行動から推測するという点では、従来の面接手法とそこまで差分が無いようにも見えます。

というか、コンピテンシー面接だよね?とも思ったり。
面接の一つの手法ですがこれがベストだとは思いません。この手法は、「人の考えや行動は変わらない」という前提に立っているので。
その場でお題出して60分とかで何かしらゲームやアクションをさせてその中での立ち振る舞いや言動を観る…のかと思いきや普通の面接やないかーい!と突っ込んでしまった胸の内。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
195 兆円

業績