新着Pick
893Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コロナ禍の影響でリモートでの働き方に移行する人が増え、このようにバーンアウト対策が活発的に議論されるようになったのは喜ばしいことだと思います。どのような手段であれ、根底にあるのは、自身と向き合うこと。そして、我々にとって一番難しいのがその為の時間確保。

我が社レッドハットで非常にスムーズにいっている取り組みの一つが、週末・祝日とは別に、四半期に1回リチャージデーを設けること。社員全員が仕事と離れ、心と体のリチャージのための時間を提供する取り組みです。特に頑張り屋さんな日本人にとって、皆が休む日があるのは心理的にもとても楽になります。会社での決定事項として、全員が気兼ねなく休める環境を作り、社員の皆が思い思いに時間を有意義に使ってもらっています。週休三日だと仕事への支障を考えてしまう人がいるものの、三ヶ月に1日だとハードルが低く導入可能です。

今後、多くの企業がDXの進行によって業務効率化を実現し、社内オペレーションや業務の見直しの結果、余剰時間が捻出されると予想します。そこで浮いた時間を社員の為に使うことを考えるのには良いタイミングではないでしょうか。これを実現できるか否かにかかわらず、企業でこういった考え方をできる人が増えてくること期待します。
人気 Picker
ちょっとふざけている様に聞こえるかもしれませんが、欧米の若い方の間では、「水飲んでる?」は結構な割合で、挨拶です。
何か大変なことが発生した場合やイライラしている時なども、「水、飲まなきゃ」などと言います。

インスタ上でもそのようなmemeが沢山存在しています。

紹介頂いているその他のマイクロステップも要するには、とても基本的なことを伝えてくれていますね。人と話す、など。

そのような基本的な暮らしあり方や知恵をも、今の時代はわからなくなってしまっている程、私たちは齷齪働いてしまっているのは、悲しいな、と私は思います。

とにかく、ウェルネス・ウェルビーイング市場はこれから益々伸びていくのではないでしょうか(150兆円市場と算出されている)!!
Ariana氏も「お金は大事でない」との事ですが、彼女のスタートアップThrive Globalは累計で$150MN調達されています!!
アリアナ・ハフィントン氏に直撃インタビュー。

彼女の過去の壮絶な体験から、今なぜバーンアウトの終焉に取り組むのかについて伺いました。

ハフィントン氏のイメージとして、「ハフィントン・ポスト」を立ち上げたと言うのがあまりにも大きかったので、彼女がバーンアウトになり、スライブ・グローバルを立ち上げたというのは、大変失礼ながら片腕でこなす事業なのかと思っていました。完全な勘違いでした。

創業から4年半、まさに彼女にとっては、スライブの事業こそが情熱の傾くところなのだと取材を通して深く理解できました。

セールスフォース創業者のマーク・ベニオフや、アリババ創業者のジャック・マー氏なども彼女の活動を個人的に強く支援しています。

マイクロステップについて、ハフィントン氏は「Your Time to Thrive: End Burnout, Increase Well-being, and Unlock Your Full Potential with the New Science of Microsteps」という本を今年3月に出版しています。

細かなステップで、どんな変化をもたらせるのか、どんなものが今日から使えるのかが細かく説明されています。また、ミシェル・オバマ氏、女優のデミ・ムーア氏など著名人が続ける、独自のマイクロステップなども紹介されています。
倒れて血の海はさすがになかったですが、バーンアウトアウトに2度なりかけた経験上言えるのは、「感謝」と「習慣の積み重ね」は、バーンアウトの最強救世主ペアだということです。

頑張りすぎていると、周りへの感謝の前に「自分はこんなに頑張っている。なぜ周りはもっとわかってくれないのか。」という気持ちに陥りがちで、負のスパイラルを起こします。なぜなら、同じ仕事やコミュニケーションをとっているつもりでも、感謝を常に意識している言葉と、そうでないと言葉では、同じ言葉でも相手に伝わります。言霊ですから。

通勤電車中でもトイレ時間でも、スキマ時間に「誰に何を感謝しているか」を考えると、普段思っている以上に感謝する人と事柄が多いことに驚きます。

もう一つ大事なのは、巣の自分に戻れるリセットできる習慣化です。家族、ペットとの時間、自然に触れる時間、親友とのトークだったり、巣の自分=自分らしくなれるものが何かを気づくことで、意識が変わり、ポジティブスパイラルへ変換できるもの。そして、リセットできるきっかけを職場など常に身近においておくとさらに効果的です。例えば、大切な人や物の写真を携帯待受などすぐに見れる所に置いて、今ストレス!と感じた瞬間に見たり触れることで、いつでもリセットできるから。

バーンアウトの「最強救世主ペア」は、お金もかからない最大の味方ですね。
ハフィントン・ポストの創業者、アリアナ・ハフィントンは血まみれで倒れるという壮絶な経験をしています。

そこから得た教訓は、バーンアウトは「成功のために支払わなければいけなの代償」という考えは社会に巣くった妄想だーーということ。

では、今、彼女に取って成功の定義はどう変わったのか? それは心と体を健康に保つこと。そのためには、マイクロステップと呼ばれる小さなゴールを設定し、実行することだと言います。

本記事では、アリアナさんがもっとも効果があったというステップについても紹介しています。

それにしても「ウェルビーイングは企業が成功するために必要な戦略であり、ワークフローそのものに組み込まれるべき」という言葉にはハッとさせられます。従業員の生産性を上げたかっら、社員の幸福を考える。それが至極当然になる未来にしたいものです。
こういうインタビューを読むと、アメリカは本当に極端でバカな国だなと思います。

記事で紹介されている6つの「マイクロステップ」というのは、あまりにも普通のことです(一駅歩いてみよう、とか)。しかし、それが大事だというのに「脳科学、行動科学、心理学の科学的根拠」をあげなければいけません。さらに、そんな気付きを得た理由として「血まみれで倒れていた」という大げさなストーリーが必要になるのです。

結局は、「ストレスとバーンアウトを克服するための新たなスタートアップ」を立ち上げるという話になり、そこには巨額の資金が集まっています。これは典型的なマッチポンプですよね。そんな考えはよこしまだ、と言いたいわけではなく、それを心の底から信じて突き進むのが、いかにもアメリカらしいです。

アメリカという国は、こういう極端でバカなことをずっと繰り返しています。そのシンプルさが最大の魅力なわけですが、ちょっとついていけないなと思うことも多いです。「これが世界の最先端か!」と思う必要はないと思います。冷静になりましょう。
ここに書かれていることは同意。色々なTipsもあるけど、要するに盲目的に走り続けるのでなく、立ち止まり、足るを知り、一歩引いて落ち着いたメタな視点で物事を捉える習慣を付けるのが大事と理解した。

自分も、コロナで出張が無くなり時間ができた時に、少し学んでみようと思ってエール大学のオンライン講座「The Science of Well-Being」を受講してみた。そこでも、実例や体系化を交えて基本的には同じことを言っていたし、少し行動を変えてみたら良い変化があったように思う。おススメ。
https://www.coursera.org/learn/the-science-of-well-being
実際に自ら経験されたバーンアウトから、ウェルビーイングの重要性とその継続の意味に追及された取り組みはとても参考になります。
確かに権力とお金が備わっていても、それが長い人生100年時代と考えた時に、最後まで権力とお金がトップの状態で継続できているか、それを維持すること自体が本当に幸せと感じられるのかと自分に問う時は出てきますね。
一方で幸せであるかどうかは自分に問いかけてみることは一生続きます。
ウェルビーイングを追求するにも、アジャイルなのだなと感じましたが、失敗しないレベルでの小さな成功体験を繰り返す方法はDXの実現とアプローチが似ています。気がつけば、大きな行動根幹から変わっているのだけど、日々は継続的に小さな成功をトライandエラーでチャレンジすることなんですよね。
朝は私はベランダに出て深呼吸、植物に水やりをして、育てているハーブの香りをかぐなどした時間、夜はデジタルと離れて、今日一日誰に感謝したかをそれをしっかり言葉で伝えられたかをよく考え、一日元気に過ごした自分にも自分の身体に感謝しています。ヨガの瞑想でも、自分が頑張れた身体に感謝をという時間があり、こころが落ち着きます。
そもそも、「権力とお金で幸せになれる」と考える人口が激減している感覚があります。実際、権力やお金が生み出す幸福感は、刹那的で長続きしないことがわかっています。

日々を健やかに、幸福を感じながら生活することを目的とするならば、その手段は無数にあります。

ここでは、燃え尽きず、持続可能な方法が紹介されています。

・失敗できないほど小さなゴールを設定して達成し、積み重ねる
・ストレスを感じたら60秒間の深呼吸
・睡眠時間を増やす
・スマホと距離を保つ

人生には、短期決戦が必要な場面もあるでしょうが、基本的には持続可能なコントロールが必要なんだということに気付かされます。
コロナ禍の2020年は大変に忙しかったからか、最近、少しだけ、ボヤ程度のバーンアウトを感じる最近。^^;
九月半ばから、大したことないけど、ちょっと不調という感じの体調不良である。
熱はない鼻風邪ぎみが続いたり(検査したけどコロナは陰性)1週間前くらいから、じんましんが、両手首の近くに少し… (病院で薬をもらって、だいぶ良くなった)

緊急事態宣言解除となり、我慢していた仲間との飲み会や、延期していた出張再開の疲れも多少ある気もする。

この記事の通り、『睡眠をたっぷりと取る』は、とても大事なこと。

そのためには、
・毎朝、朝日を浴びる
・朝一杯のお白湯を飲む
・1日少なくとも6,000歩以上は歩く
・フェイスマッサージをしてから寝る
みたいなマイクロステップや、その習慣化は大事そうです。

健康で元気でいることが、何よりの幸福の礎ですね〜。
この連載について
今、アメリカで若い世代を中心に大量退職現象が起きている。 その背景にあるのがバーンアウト。いわゆる燃え尽き症候群の存在だ。 使命感にあふれた人が、その使命感を失った時に陥る「病」ーー。 その影響は個人の幸福だけではなく、企業の生産性に大きなダメージを与える。 豊富な取材や事例から個人・組織ができる対策を考察してゆく。