新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2012年3Qは出荷わずか250台で10年弱で1,000倍に。5年前からもほぼ10倍。外部から見ると数%の微変動に終始してきた自動車業界で超異質な存在である。ちなみに12年3Q時と比較して株価は120-130倍程度だから、ファンダメンタルも少しずつ追いついてきている!?
四半期で24万台超え...平均すると8万台/月の「巨大なバッテリーを搭載したクルマ」を製造、販売しているのですから、ものすごいです。

しかも、車種は「Model3」と「ModelY」というコモディティモデルでありながら収益が大きいものが大半。

本当に、すごいと思うのは、もう10年以上販売していて、ここ数年は、すごい量を出荷しているのですが、まともなサービス店なしで修理やメンテナンスをやりきっていること。

メカものなので、どうしても故障やメンテナンス、それに事故の修理などもあるのに、ディーラー網のようなものは一切なしでやりきっています。

もし、品質が悪く、耐久性のない設計だったら、今頃大変なことになっています。そういった意味では、Teslaの「ものづくり力」のすごさを実感する今日です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
見事です。
ただし勝負はこれから。既存の自動車会社が続々とEVを導入してきますから。

でも、既存メーカーを本気にさせたテスラはホントにすごいと思います。
月8万台。まだまだ伸びそう。
昨日観測記事も出ていましたが発表されています。
出荷台数の大多数は「モデル3」と「モデルY」

「テスラの第3四半期納車台数、過去最高との声も」(Reuters、9月29日)
https://newspicks.com/news/6224800