新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国軍機が2日間で58機、台湾防空圏を飛行した。その狙いは(1)台湾のTPP加盟申請に反発して台湾に警告を発すること。そして、もっと重要であるのは(2)台湾の親中派と独立派のせめぎあいを見ながらの軍事活動であること。つまり「台湾が中国に融和的になれば中国軍機の飛行は抑制しても良いですよ」というアピールをするためだろう。台湾の最大野党・国民党が9月25日、党員投票による主席(党首)選挙を実施して、元職の朱立倫氏(60)が現職の江啓臣氏(49)ら3人を破って当選した。朱氏は、中国と台湾が1992年に「一つの中国」で合意したとされる「92年コンセンサス」に基づき、対中政策を進める政治家であり、対中融和路線を取る国民党の主張を台湾の有権者に浸透させる使命を帯びた人。朱氏の当選は中国にとってのチャンス。朱氏の影響力増大を期待しながら、台湾への心理的圧迫を増大させるべく軍用機飛行を拡大している。中台関係は南北朝鮮と同じく内政絡みの心理戦という側面がある。
漁民による領海侵犯なら「あれば漁民が勝手にやったことです」と言えるが、空軍機の領空侵犯だと明らかに政治的な意図を示すためのものだ。ただ96年の台湾総統選挙の際にはミサイル演習までやって、台湾海峡に撃ち込んでいるので、まだそれに比べると中国側の抑制がみられる。とは言いながらそのハードルを越えてくる可能性もあるのだが。。。
台湾の国防部が昨年9月に中国軍用機の進入情報を公表し始めて以来、一日に入った機数としては最多となったそうです
台湾に対する圧力が露骨になってきたが、この拳をどう収めるつもりなんだろう?このままエスカレートさせても行き場のない話のような気もするが。