新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
政治が、皇族の方々の重圧を理解しようとしない、とすれば大きな問題です。「保守」の原点は、伝統ある皇族の方々に「寄り添う」ことであるはずです。皇室も時代の変化と無縁ではありません。その微妙な問題を解決できるのは政治しかありません。政治的な卑小な思惑はこの際捨てましょう。一千年の哲学を語る政治でありたいと思います。
占領期に廃止された宮家の復帰に賛成です。天皇は宗教的な存在である側面があるので、男系でないと2600年来の価値が揺らぎます。現在の制度の問題は、明治以前には見られた男系女子の即位ができないことと、男系の存続が危機なことです。英国のように王位継承権の順位が数百人いるのは安心ですね。
岸田新首相は「父方が天皇の血筋を引く「男系男子」維持を前提に慎重に検討していく構え」とのこと。
こんなにも皇室の方が生きにくい世の中で、皇室を無理矢理残すこと自体が人権侵害な気がしますね。
安定的な皇位継承を目指すのであれば、女系天皇を認める方が正しいと思うのですが。
本当のところは、「皇族の養子縁組を可能にして旧宮家の男系男子を皇籍復帰させる」の一択ですね。

数年後には、内閣総理大臣の主催で「皇族と旧皇族との懇談会」というものが開催されるでしょう。