新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
さてロシアが悪いような書き振りですが、コロナ禍からの急速な景気回復に伴う天然ガスの需給引き締まりに加えて、①EU側の再エネ発電の不調(天候不良に伴う)と②域内の排出権価格の高騰(EUETS)、③石炭火力発電や原子力発電の排除、というヨーロッパ特有の要因があります。

①〜③は、見切り発車で気候変動対策をぶち上げた欧州委員会による人災という側面も大きく、現に加盟国からは欧州委に対してエネルギー価格上昇につき、何らかの措置を取るように要望が上がっています。スペインやルーマニアなどでは価格統制も行われており、市場メカニズムを通じて気候変動対策を進めるどころか、行政介入で死荷重が発生して市場が歪められています。

木を見て森を見ず、というか、合成の誤謬というか。いずれにせよ、移行期対策を考えることなく、外部不経済を世界にばら撒くような印象も拭えず、欧州委は本当に大丈夫か?と最近、やや陰惨な気持ちになります。

なお日本は、天然ガス価格は長期建が大半ですから、スポットの価格上昇の影響は受け難いです。とはいえ、冬季にかけて確実に顕在化していきます。
ロシアは、新しいパイプラインによるガス供給が必要だということをヨーロッパ側に認めさせたいのだ。背後には、ウクライナを弱体化させるために、そこを通過するガス供給(パイプライン使用料等)を妨害する意図がある。実際、ハンガリーのオルバン首相は、ウクライナを迂回してロシアのガスを自国へ供給することでロシアと合意した。これに対して、ウクライナ側は激怒しているが、EUは態度を決めかねている。ドイツが新政府を作る時期と重なったこともあり、交渉が進展していないのだ。
「ロシア国営の天然ガス企業ガスプロムが10月は供給能力の3分の1しか契約しなかった

その影響で欧州のガス価格が過去最高値に。冬は目前ですが、中国の電力不足と同様に経済の影響が気になります。
その分CO2が減る