新着Pick
842Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今週は仕事のモチベーションの保ち方について。コロナ禍でリモートワークが増え、1人で仕事と向き合う時間が長くなってから、随分時間が経ちます。文中でも、シカゴ大学で行動心理学を研究するフィッシュバック教授は、「自分が誰かに見られているときのほうが、仕事のスピードは速くなり、もっとクリエイティブになり、もっと突き詰めて物事を考える」と語ります。

また、こうしたモチベーションの低下は、米国で広がる「退職エコノミー」にもつながっているとの指摘も。退職エコノミーついては、以前、NewsPicksでもお伝えしたこちらの記事をぜひ。

『【新時代】「退職エコノミー」がやってきた』
🔗https://newspicks.com/news/6118573/body/

Quartzの日本語版「Quartz Japan」では現在、平日朝夕と日曜日にニュースレターという形でコンテンツをお届けしています。Quartz英語版の記事もすべて読み放題です。ぜひ、7日間のフリートライアルでお試しください!

登録はこちらから👉https://qz.com/japan/subscribe/
ペースメーカーがいない、ゴールがはっきりしないマラソンのようなになると、メンタルも体も維持するのが難しくなる感覚はあります。

曜日感覚がなくなったり、朝定期的にルーチーンの行動がなくなったり、コロナ禍ではペースを掴むのが難しいように思います。逆に言えば、それで強制的にスイッチを入れることでペースを戻す、つまりペースメーカーのような役割を果たしているように思います。

ゴールがはっきりしないと、突如不安になったり、急に疲れを感じたり、モチベーションの維持が難しくなるのは明らかでしょう。

仮にこの2点だけでも解消するためには、ペースメーカー(=強制スイッチ)やなんらかチームまたは個人でゴール設定をするなどの、ほんのちょっとした工夫を毎日の生活に取り込めれば、少しは良いのかなという気がします。これは、仕事である必要はなく、家事や子育て、何にでも当てはまることに思います。
常に人に見られているのは落ち着かないが、雑談したり相談したり報告したり。他人のフィードバックを,受ける機会をコンスタントに作るようにしています。
いつも人に見られているというのは、モチベーションが高まるというより、逆に落ち着かない。

北斗の拳のラオーの最後の言葉「わが生涯に一片の悔いなし!」はモチベーションを高めてくれます。
受験勉強は1人で黙々と机に向かうのが普通だったはず。
これが仕事になると「見られていないとモチベーションが下がる」などの結果になるのは不思議ですね。
受験勉強もわざわざ自習室など他の人がいる場所に出向いた方が良かったのでしょうか…?
個人的な感覚では1人でもやれる人の方が高いパフォーマンスを出せていたイメージです。
確かに、テレワークは上手く自分をコントロールしないとやる気がある状態を作り続けることが難しい。出勤していたころは周りの同僚の目があったから頑張れた、という人も多いはず。おすすめは、TODOを細かく管理することと、各PJの段取りを意識して早め早めに行動すること。〆切効果を上手く使って細かいゴールを沢山作ると今日もやれた!と思える気がします。
人間は「自分が誰かに見られているときのほうが 仕事のスピードは速くなり、もっとクリエイティブになり、もっと突き詰めて物事を考える」と、シカゴ大学のフィッシュバック教授はハーバード・ビジネス・レビュー誌に書いている。確かにそうなのかもしれない。一人の思考だけでは限界がる。多くの人の知恵を集めることも仕事の一つだと感じる。
NewsPicksの記事で、延々とスクロールしないと最後まで読めない記事と比較すると、Quartzの記事は、まとめ方も、詳細情報へのリンクも、私には合っているので好きです。

他者依存の動機だと、他者がいないと減退するので、そうでない動機を自分でもっていると、自分が実現したいことになり、動機は維持できますよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません