新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どんなに優れたデータサイエンティストであっても、何の目的で、どのようなデータを用いて、見えない/足りないデータを補うのかという一連の流れがないと、意味のあるアウトプットは生まれない。ビジネスの世界であれば、こうしたアプローチを社内の共通認識として浸透させなければ、持続可能なデータ活用はできない。
「CI(顧客体験)を考え、その次にBI(ビジネスインテリジェンス)として可視化・整理し、その先に新しい顧客体験、新しい価値を生み出すために足りないデータを把握するためのAIの活用(データ分析)がある」という宮田先生のコメントは、まさに!という感じで共感しました。