新着Pick
80Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
値下げしなくてもいいのでは?と、一瞬思いましたが、テストしてるのかもしれないですね。0.1%下げたら、マーチャントが増えるのか、どのくらいユーザー行動が変わるのか。
消費者向けの値下げなどはわかりやすいですが、決済手数料の変更ってあんまり事例がないので、どんな動きをどのプレイヤーがするのか?以外に知見溜まってなかったりします
利用者だけでなく事業者サイドも便利でカゴ落ち少なくCVRが高いので手数料高くとも導入というケースも。とはいえ、今後も更なる下げには期待したいです。
実店舗決済はどうなっているのだろう。

Google検索などからはアクセス出来るけど、Amazon Payのトップページにリンクが見当たらない。以前はあった導入事例の店舗紹介も見当たらない。
Nippon Platformに色々と問題があって、実店舗決済の新規受付は停止していると思いますが、その後の対応が不明。d払いは代替の決済を提案したりしているみたいだけど。

Amazonショッピングアプリには、店舗読み取り用のバーコード表示機能が残っている。知らない人が多いかもしれない。機能があるからには、使える店舗が何処かにあるのでしょう。私の行動範囲では見たことないですが。

『ニッポンタブレット停止。加盟店への未払いなどトラブル - Impress Watch -』
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1250115.html
アマゾンペイの加入店手数料が4.0%から3.9%へと引き下げられる。アマゾンが手数料体系を見直すのは今回が初めてとのことです。
アマゾンペイは決済だけじゃなく配送情報も連携できるから付加価値高い。個人情報を抱えなくて良いのは多少手数料高くても「有り」と判断する企業は多い気がする。
0.1%の下げは、いくらに該当するのでしょうね⁉︎
一万社も使ってるんですね。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
192 兆円

業績