新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学1年のときだけ在籍してました。
当時は全く大学に行けず、グランドのある東伏見にばかりいっており、結果、理系だったこともあり全く単位が取れそうもなく、1年のシーズン終えたタイミングで退部しました。留年は二浪には辛い(結果留年しましたが)。

当時の話ですが、お金は防具代やチームグッズなど含めていっぱいかかりました。夏のオフはOBにアポ取ってOB会費集めることなどやってました。それが、スポンサーつくことで、あまりバイトもできない体育会の学生にサポートできることはいいことかと思います。

こう考えると、大学スポーツにもクラブトークン導入などしてもいいのかもしれません。
日本もアメリカに追いついてきたというか、学生スポーツのスポンサー獲得はこれからも増えていくだろうと思います。競技の規定でロゴの掲載の制限などはあるとは思うのですが、できるだけやりやすいようにして行ってほしいところ。
部費、活動費は相当な額と聞いています。スポンサーシップ、支援によって学生への負担を軽減できます。さらに学生スポーツとは、アマチュアリズムとは、大学スポーツのブランド化などの構造改革へ取り組んで欲しい。
アメフト見る人は富裕層が多い。