新着Pick
334Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
もはやニッチとはいえない事業規模。そしてアンティーク概念で年季の入ったモノがより大事にされていくだろうという大きなトレンドを掴んでいるきがする。もちろんHagertyが打ち出した保険会社とはかけ離れた巧妙な仕掛け作り(イベント、会員制クラブ、YouTubeや雑誌等のメディア露出といった様々な角度からクラシックカーの愛用者を顧客に囲い入れ)はバーティカルを考えるうえで参考になります。

今回の評価額も、コアなファンたちの囲い込みに成功していること、順調な伸びが予測されているクラシックカー業界でのビジネスという要因によるものであり、単純に保険を提供するだけではないということがわかります。時計やアートにも同じ概念が次々と展開されていくことでしょう。
人気 Picker
コレクターが毎日乗らないけど沢山保有したいクラッシックカーへの保険の提供で革新を起こしている「ハガティ」。ちょっと思ったのですが、カーシェアで時間貸用の車の保険ありますよね。手続きもネットだけで完結するやつ。あのように事前に車種の登録だけしておいて、自分が乗る時だけ、保険をかける仕組みってできないのかな〜。
今日の話題は「クラシックカー専用保険」です。
超ニッチじゃん…とあなどるなかれ、この会社の売上は加速度的に伸びてるらしい。現状の保険商品では満足できない、クラシックカーオーナーのペインを見事に捉えたサービスだと思います。これぞ、バーティカル。
ポルシェ993をいつも発作的に検索して、満足してます。笑
ニッチな市場だけに特殊なノウハウが必要。競合の保険会社が真似しにくいので参入障壁が高そうです。

エッジが効いたビジネスはしっかりリピーターをつかまえているので強い。SPAC上場で知名度が上がれば、成長も加速します。

クラシックカーのノウハウを活かし、クラシックな家具などにも参入できそうですね。
こういう特定バーティカルを狙ったフィンテックの会社は、例えば調達金利などの維持可能な差別化の為の仕組みを持つことが不可欠と思うのですがインシュアテックではこれまでうまくいっている会社はなかなか出てきていません。この会社はどうなんでしょうか?
北米は生産から25年経過した車はクラシックカーとして、アメリカ合衆国運輸省の車両保安基準を免除できる。
右ハンドルでもOK。

特にワイルドスピードの影響で、90年代の日本車が若者にも人気が高い。

但し、北米では若者が個人で自動車保険に入るには、多額の保険料が掛かる。ましてクラシックカーだと大変。加入断られる可能性も高い。

なもんで、そこに照準を合わせてるんじゃ無いかと。

必ずしも高額かつ大昔のクラシックカーの為って訳じゃないと思います。
Hagertyというクラシックカー専用保険。
クラシックカー自体は台数が減る一方なので価値は相対的に上がる。
一方で、クラシックカーのメンテナンスや交換パーツなど、ニッチであり高いノウハウも必要。故に参入ハードルは高い。
更にクラシックカーを利用する顧客は、富裕層が中心。大事にしているからこそ保険には必ず入りたい。

規模としてもクラシックカー4300万台の市場で、2兆円規模とのこと。

"専門ノウハウ"が生きるサービスであり、バーティカルサービスとして際立っている。凄い。
ニッチ分野の保険は商品は話題になりやすいですが、アンダーライティング上は非常に偏ったポートフォリオになりやすく、リスク分散とUW上のエラーの相殺が働きにくくなり、収益がブレやすくなる傾向にあります。クラシックカーのオーナーのリスクプロファイルが一定の範囲内に収まっていることが中長期的に安定した保険運営のキーポイントだと思います。
富裕層限定のニッチ市場なので、収益を確保することは、比較的簡単でしょうね。これからは、こういった富裕層狙いのビジネスが増加すると考えています。

理由は、コンシェルジュ的なサービスを構築することで、少ない数の個々の顧客の満足度をあげればよいため、多くの多様性に対応する必要がないからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません