新着Pick
362Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicksのスポーツ部門は何を目指すのか? その所信表明を込めて、スポーツジャーナリズムにおける問題点を書きました。経済メディアならではの視点で、他にはない企画に取り組んでいきます!
これは完全にスポーツリーグ側の問題。ウェブメディアを軽視して、メディアとして扱わなかったから、育たなかったのだ
この記事の筆者ってNumberのライターの木崎さんなのか。サッカー関連での記事よく読んでます。最後の3つのポイントは面白そう。マンUのファーガソン元監督はハーバードビジネススクールで長期的に教壇に立つことが数ヶ月前に決まった。「エンターテイメント、メディア、スポーツ経営学」というプログラムを担当するとか。マイケルルイスのマネーボールみたいな統計学を用いた戦略とか、日本だと楽天球団のビジネスモデルとかも深堀したら面白そう。質の高い、NewsPicksならではの記事を期待します!
自分はNumberが大好きだ、それはどの記事を読んでも品質が担保されているから。つまらない表現をすれば、「無駄なものを読む時間コストがないことが担保されている」。そのためには、ちゃんとした記者・編集者と、批評含めしっかりフラットに書ける環境が必要だし、そこに読者が価値を感じ、お金を払い、ビジネスとして成立することが必要。
他の方のコメントにもあるように、この問題はスポーツだけでなくビジネスでも該当するだろう。NewsPicksのチャレンジはそこにもあるし、価値がある情報に、その価値に即した対価が払われることは必要だと考える。そして、それは価値がある情報を提供する責任にもつながると思っている。
取材対象者の声に頼りすぎているのは、われわれビジネスメディアも同じ。反省。最前線のビジネスパーソンと同じ知識、経験をもつことは不可能でも、外様だから見える景色を大事にしたい。
木崎さん、NewsPicksのスポーツ部門(略してNPスポーツ)、期待しています。
サッカーのウェブメディアではGoal.comが存在感を放っているが、強みは速報。一方Numberはルポに近い形でかなり深堀りした記事でクオリティーとしては最強。
こういった中で、お金を貰えるようにするには速報と読み応えのある記事との両立が不可欠じゃないかと思う。
ただ、先のワールドカップ、USオープン等を見ていると、NewsPicksの一つとしてのバリューなら十分ある。独り立ちは厳しいが、記事全体を見渡した時に絶対的に価値があると思う。
スポーツマネジメントに関しては楽天やDeNAの注力によって近年注目が集まっているように思うが、ことメディアという意味では、SMRが休刊して以来、日本においてスポーツマネジメントに関する本格的なメディアはほとんどなくなっている印象。

http://sportmanagement.jp

今回の部門設立がこうしたスポーツマネジメントに関するメディアに注目が集まる契機になると嬉しい。
・スポーツビジネスの最前線
・インフォグラフィック×スポーツ
・スポーツジャーナリズム
と、ワクワクするトピックが目白押し。NPスポーツ、楽しみすぎます。
NPスポーツ。とても楽しみ。
ブラジルW杯でも、ハフィントンポストのインフォグラフィックスは分かりやすく、とても興味深いものだった。
スポーツの世界は、ビジネスの世界よりもデータ分析が進んでいるかもしれない。日本で言えば、プロ野球、バレーボールなど。ビジネス目線でそこを掘り下げるメディアは少なく、期待したい。