新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロサンゼルスではこのサービスを利用し、2028年までに樹木の被覆率を50%増加させる計画に向けて作業を行っているとのこと。

日本の場合は、都市緑地法のもと緑化を進めるための「緑化地域制度導入の手引き」などで、緑化の面積の算出方法が細やかに指定されているため、グーグルのサービスがそのまま使用できるようにガイドラインを合わせるか、便利に連携できるようなツールが必要になってきそうです。

Googleはこのほか衛星データを利用して近年増えている山火事の境界マップを公開し、情報やニュースをリアルタイムで確認できる機能を導入しました。また、誰かが現場に近づいたり検索したりする場合はアラートを表示する、といった機能も考慮しているようです。
https://blog.google/products/maps/search-on-maps-2021/

Googleは創業以来のCO2排出量(カーボンレガシー)を今後相殺するとともに、2030年までにカーボンフリーを実現するという、かなり強気な目標を掲げています。これに関連して、環境改善に関するサービス、レジリエンスに関するサービスを、今後も積極的に打ち出すのだと思います。
AIの進化もあると思いますが(記事には出ていませんが)衛生写真が容易に安価で入手可能になったことにより都市の緑化などの分析も可能になってきています。
他の事例だと人流や車の流れを分析して出店戦略に活かしたり、資源の不法採掘を摘発したり、海面の波を分析することにより風況を把握し風力発電の計画に役立てることも可能になってきています。
AIなどの技術の発達も大事ですが情報の「民主化」によりビジネスに役立てたり社会問題の解決に活かせることができる良い事例だと思います。
米国では低所得者が多く暮らす地域に緑が少なく、住民は猛暑の影響を受けやすい傾向にあるとの研究報告が少し前に発表されていました。こうしたテクノロジーが気候変動をめぐる不公正の是正に少しでもつながればいいですが。
プラットフォームの底力を良くも悪くも感じますね。

ちなみに、都市の緑化が地球環境にどれほど効果があるか調べたところ、
「都市の公園緑地の役割については、都市生活に潤いややすらぎをもたらす緑の心理的効果を発揮する場としての役割、都市防災の拠点としての役割、生物多様性や生態系の保全など、身近な自然を保全する役割、そして生活環境の保全や景観形成の役割など、様々な役割が期待されています。」
とのことで、直接的な効果だけでなく、間接的な啓蒙効果も大きそうですね。

(参考)
大気浄化のための効果的な植樹のポイント - 環境再生保全機構
https://www.erca.go.jp/yobou/pamphlet/form/05/pdf/archives_56214.pdf
一般の人が樹木の必要なところに植えられるようにしてほしい、もしくは町内会とか。コミュニティ作りにも効果的だと思う。そういうふうに機能している街中の花壇とかもあるけど、もっとあってもいい。
AIで木を一本一本把握する?!そんなわけなくないすかwって思ってしまいますが.不可能でもなさそうって感じるのは技術の進歩でしょうか,それとも単に自分が無知だからでしょうか
AIで木を1本1本まで正確に把握し、都市のなかで樹木の密度が低い部分をイメージ化することで、植樹が必要な場所を効果的に割り出す、のだそうです。
こんなこと言うと怒られますが、是非大阪市内とかにも適用して欲しいです、歴史的な要因である事は重々承知していますが。