新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
旅行の予約10倍以上…!!
これはすごいですね。

「ゆこゆこ」は主にシニア層に向けて展開している旅行会社ですので、ワクチン接種率も高いのだと思います。ワクチン接種記録システム(VRS)のデータでは、9月27日時点で、65歳以上(対象者3576万人)のうち、2回接種完了者は89.0%ということで、ほぼ9割です。

これに加えて、GOTOトラベル再開でもしたら、OTA(オンライン旅行会社)はサーバーが落ちないようにしなくては、、、でですね。
旅行も飲食も1日以降の予約や問い合わせ好調です。久々営業でオペレーション不全による満足度悪化させる事なく、年末商戦に向けてLTV最大化の施策も重要度は高いです。
緊急事態宣言解除に合わせて、外食も旅行も解禁!となってきていますが、周りの会社の話を聞くといまだ外部との会食禁止など会社の方針で止められているケースも多々ありました。
まずは個人消費から戻り始め、ゆっくりと法人の消費を回復するのかと思いますが、第六波に向けてまだまだ進捗な姿勢の人は多いかもしれませんね。
年末にはみんなでパーティーできるような、そんな具合になることを期待してゆっくりと動き出します!
自粛要請という強制力のない措置に対して、いかに日本人が従順に従っていたかを示す典型例ですね。

空気や同調圧力に屈するという民族性は、良くもあり悪くもありでしょう。
一年半以上我慢しながらコロナと戦ってきているので、ワクチン接種を終えた人なら特に旅行も行きたいと思いますし、外食もしたいと思います。

緊急事態宣言の解除とともにコロナ感染者数が再び増える可能性はあるとしても、これからはWITHコロナの時代。大人数の集まりでなければ少しぐらい楽しいことをやっても良いんじゃないでしょうか。国内経済を回すためにも必要だと思いますね。
おしぼり会社の方の言葉「仕事をしたくてもできない状況も踏まえて、働けることの感謝も添えて、おしぼりを作っていきたい」
俺たちの消費行動は、ご立派な御仁からすれば「不要不急無駄無意味無価値なもの」かもしらんが、それがこういう人たちの役に少しは立っているのです。こちらこそありがとう。
経済活動を再開することは重要だと思いますが高校生の入試時期と重なることを頭に入れての行動が必要ですね。
全てのお店ではないと思いますが、高級店を中心に飲食店の予約が取りにくくなってきました。料理も美味しい京都や金沢の旅館も数ヶ月先の予約が一杯になってきたと聞いて、年末年始の予定を早めに立てねばと思い始めているところです。遠慮していた行動が解放され、人々の行動は予想以上に早く変化しつつあります。反面で、突発事項でキャンセルが発生するという「新しい行動洋式」も確実に浸透しつつあり、事業者側のリスク管理も今までとは違ったものが求められるようになってきた、と感じています。
旅行の予約が急激に伸びているとの事。

旅行「中」において、旅行代理店が観光客の方々にコロナ対策出来ることはほぼなく(旅行前のアナウンスなどは可能かと思いますが)、対策の矢面に立つのは現地の行政であったり民間の業者さん(観光業者さんなど)。

我慢に我慢を重ねた業界である旅行業界、潤ってほしいところではありますが、観光地の皆様と連携してどんな対策が打てるのか、期待したいところです。


そして消費者もここまで我慢させられると値段どうこうは関係なく(GOTOトラベルの恩恵がなくとも)、旅に行くのですね!!
観光と飲食、エンタメ業界、まだまだ不安と様子見の状態と思います。
ただ、新政権の対策やコロナの行方によっては人材の需要が急激に増えることも他国を見ると今後起こりうること。
腰掛け的に流入があった介護業界からどれだけ人が離れるのか。介護業界はコロナで一時的に人材不足が落ち着いたという声も多かったです。
この間、定着対策にどれだけ本腰を入れたか、事業者によって明暗が分かれるかもしれませんね。