新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
600名解雇!と言われると、ちょっとびっくりしますが全従業員6万7000人とかなので、ワクチン接種率は99%以上とのことです。1%以下の、ワクチン接種拒否者が解雇対象となったようです。

感染者数をほぼゼロに抑え込めていた台湾がデルタ株により、わっと感染が再拡大したタイミングがあったのですが、そのきっかけが確か、台湾の航空会社のスタッフの感染でした。

全社員の中には、もちろん地上勤務の方もいますし、バックオフィスで事務や経営を担当する社員も多いとは思いますが、国をまたいで移動することがお仕事であるCA(キャビンアテンダント)やパイロットも多いと考えると、航空会社によるワクチン接種義務付けも、アメリカでは普通のことだと思います。

アメリカでは普通と書いたのは、日本では難しいかなと思ったためです。
日本では終身雇用制の文化は根強くありますし、解雇には厳しい条件があり、企業側から解雇することはとても難しいです。
アメリカでは人材流動性は高く、日本は低いですが、このあたりが理由ですね。

日本の場合、経営不振や事業縮小など企業側、経営側の事情による人員削減のための解雇を「整理解雇」といいますが、これを行うためには原則として、過去の労働判例から確立された4つの要件(1.人員整理の必要性 2.解雇回避努力義務の履行 3.被解雇者選定の合理性 4.解雇手続の妥当性)が充たされていなければなりません。これらを、「整理解雇の4要件」と呼びます。

コロナ禍では、多くの企業が経営危機に瀕していると思いますが、上記があるので、多くの企業が雇用を維持しつつ、政府の雇用調整助成金などを使って、雇用の維持と、企業倒産の回避のギリギリのバランスを保っているかと思います。
人に移す可能性を考えるとサービス業はワクチン接種を義務化するところも増えるのではないでしょうか。特に航空関連のお仕事だと海外往来も多いと思いますので、ワクチン接種を拒否する人は会社としても本人にしてもリスクが大きい気がします。ワクチンを打つか打たないかはそれぞれの選択で良いかもしれませんが、職業的にワクチン接種を義務化するのはこれからの時代に一つ課題として残されている気がします。
当たり前だな
酷いと思う人もいるかもですが、これは感情論ではなくて、ユナイテッド航空も会社を経営していくためにやむを得ない判断だったと思う。
お客様や従業員たちを守る事が会社経営にも繋がる。
航空業界、旅行業界、観光業界、何とか耐えて頑張ってほしいです。
日本でも、サービス業系は、解雇まではできなくても、「ワクチン拒否者はお客さんの前には出せない」くらいの基準にはなっていきそうですね。
日本企業にはなかなか出来ない芸当かもですね。バッサリやれる米企業の強さと怖さ!
航空業界は、厳しい環境にあるので、仕方がないですね。航空会社がなんとか生き残っていることが奇跡です。
アメリカ的な合理的判断。自由と責任。