新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今までSUUMOなどのポータルサイトは仲介会社が情報を入力していたが故に、情報の間違いや、更新性の低さがカスタマーにとってペインになっていた。
管理会社が管理物件情報をデータで扱えるようになってきたからこそ、コンバータ連携してシームレスに物件情報を扱えるようになったのはうまく時代の流れを捉えている。
toCアプリで不動産仲介会社へ送客しながら、次は仲介会社の業務を支援するSaaSを開発する→その結果toCアプリのユーザーの体験も向上する。とても参考になります。
2年前の引っ越し時にカナリーを活用していました。
当時からおとり物件掲載なしは謳っており、加えて個人のエージェント(カナリーの社員でしょうか)とラインでラフにやり取りできる体験が良く使っていました。

ここ2,3ヶ月は次の更新に向けて毎日引っ越し情報サイトで物件を探していますが、カナリーを見る頻度は少ないです。
理由としては、Suumoなど大手に比べて(おとり物件なしを考慮しても)掲載物件が少ないこと、おとり物件自体はWebでのやり取りがメインのいま複数社への問い合わせなど工夫をすればユーザー独自に見抜けること、などです。

とはいえ、おとり物件の存在や仲介手数料や初期費用周りの体験など、闇が多く、ユーザーのペインが大きい業界です。その闇をひとつひとつでも潰して業界を良くしてくれるスタートアップになればと期待しています!
不動産業界は、日本社会では珍しい「ペインを感じる場面がある」分野なので、こういったサービスがでてくると、スッキリしてよいですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません