新着Pick
200Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回のは違うといいんだけど、こういうコーポレートガバナンスのかけらもないやり方してる会社ってサイバーインシデントも平気で隠蔽する体質に陥りやすいから注意が必要
社内での足の引っ張り合いや、「刺される刺されないの関係」は時として報告を躊躇させ、現場での握り潰しが起きやすい
ところで「システムセキュリティの専門家」ってどういう意味なんでしょう。。。
エンギでもない話だけど。

いつか必ずあり得るのは「デジタルの大規模なクラッシュ」である。経営者は常に臆病で、最悪の事態が起こることを想定するものだ。そして世の中は、いつも「想いもよらない事態」が起こるものである。

近年でも、原発事故、ツインタワー崩壊、コロナと、ほとんどの人が予測していなかったことが、起こり得ないと思っていたことが現実になっている。

事実は小説より奇なり。

みずほ銀行、そしてファミマ、システム障害が続いている。この程度で済んでいるからいいようなものの、国内全体、あるいは世界規模での大クラッシュがきた時、ソレにどう対応するかという覚悟を、経営者はそろそろ準備しておくべくだ。
なるほどですね、だから2024年までに無人店舗1,000店に計画されているのですね。

冗談はさておき、フルデジタルならびにフィンテック化において障害はさけられないですし、電力供給が滞るとライフラインが絶たれるという事例ですね。

クラウドの復旧スピードと免疫力が必要とされる、これはまた新たはビジネスチャンスかもしれないですね。
みんな大好きな、対立を煽る記事。エンタメとして楽しくは読めます。何割引かにして読んで丁度良い。

ただ、給与を加盟店に立て替えさせようとしたのが本当なら、それはとっても無茶苦茶なお話。

コンビニって、売上金を毎日本部に送金します。その代わりに、商品サプライヤー、従業員給与、その他必要な支払いは全て本部がやってくれます。キャッシュの心配はないけれども、キャッシュが潤沢にない小売業。まぁ、売上の送金を3-4日やらなくても良いって事なら、ある程度の店舗は理解してくれると思いますが。売上送金をやりつつ、いきなり、百数十万立て替えてくれって言われたら、大抵の店舗は困る。
ちょっと理解できていない。フランチャイズ加盟している店舗はおそらく給与計算もシステムは借りているものと思われるので、本部のシステム障害の影響は分かる。でも何で「立て替えは資金的に余裕がない」となるのだろう。「本部が立て替え」の通り、フランチャイズ側が支払うべき給与なのでキャッシュフローが成り立たない理由が理解できないでいる。人給の仕組みだけでなく、本部から加盟店との受発注や請求、支払などの仕組みもおかしいのかな?何か変なニュース、その後の伊藤忠がどうたら、も基本無関係で、ただそこを書きたいだけなのかな、と。
内部でしたか…
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
5.07 兆円

業績

ファミリーマート(FamilyMart)は、日本発祥のコンビニエンスストア (CVS)である。公式略称は「ファミマ」。ここでは店舗ブランドとしてのファミリーマートに関する記述に特化し、法人そのものについてはファミリーマート (企業)で記述する。 ウィキペディア

業績