新着Pick
300Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
多くの人が感じるやりがいも、ある人にとっては全く違ったりします。重要なのは自分と向き合い、何にやりがいを感じるかを理解しておくこと。
働き甲斐をどこで覚えるかは、各々異なると思うが、"成長実感"に尽きると思う。昨日までの自分との"差分"を明確に感じられるか…。出来なかったことが、普通に出来るようになっている状態は自身を突き動かす大きな"動機づけ"になる。自身にとっての成長機会は、キャリア構築の衛生要因となる。成長機会=自身にとって"挑戦"が求められる仕事として捉え、ポジティブに向き合いたいですね。
オン オフの境が曖昧になりがちなリモートワークや 長時間のワークが恒常化しがちな人にぜひ読んでほしい内容。
私もよくモチベーションについて調査をする事が多いですが、
この記事の中にあるように「進捗している」事が
モチベーションにつながる事は多いと思います。

不確定変数が多い仕事の中で、
自分がその場にいて、
自分の作業がその仕事に対して寄与できている
環境が重要みたいです。
実は最近やりがいがある人が減って来ているんですけどね。。
自分ならではの価値を創造して成長する。

いまの自分の能力で仕事をこなすだけではなく、仕事を通して学び続けることが大切。

仕事の進捗を実感すると同時に、自分の成長も実感できることが、やりがいや満足度を高めますね。
これも広い意味のオフィス設計だと思う。「仕事の成果を高めるには、「週のうちまとまった時間を予め強制的に確保し、その時間は通常の職場環境で生じる気を散らす要因から従業員を守る」「仕事の成果を高めるには、「週のうちまとまった時間を予め強制的に確保し、その時間は通常の職場環境で生じる気を散らす要因から従業員を守る」
人が仕事に満足感を覚えるのは、「進捗を実感しているとき」とのことですが、
進捗にも大きく以下の3つがあります。

①プロジェクトの計画に対する進捗
②プロジェクトの遂行を通じての自分の能力、スキルの向上(正確に言うと他者からの評価)
③プロジェクトの遂行を通じてのプロジェクトに関わるメンバー間の信頼関係構築

①はむしろ一度は予期せぬトラブルが発生したがそれを克服した時の満足度正確に言うと達成感は、順調に進捗している時と比べれば高いでしょう。

そしてさらに②と③が加われば掛け算の様に達成感は極限まで高まると言うのが経験論です。
“モンクモード・モーニング”(午前中の修道士モード)...良きかな。

(以下、記事中から引用)
作家・研究者のカル・ニューポートは、仕事における「フロー」状態を、「認知能力を限界まで押し上げる、気が散る要素のない状態で集中して行う職業的な活動」と定義し、「ディープワーク」という独自の用語で呼んでいる。

 また、この状態を達成するための具体的な提案もしている。起業家、特に小さなスタートアップ企業のCEOには、僕が“モンクモード・モーニング”(午前中の修道士モード)と呼ぶものを実践している人が多い。

 彼らはこう言う。

「午前11時か正午までは誰とも連絡をとらないし、会議にも出ない。メールにも返信しないし、電話にも出ない」

 午前中は各自が静かに仕事に集中し、他人と関わる仕事は午後に回す、というアプローチを会社全体で採用しているケースも多い。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません