新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
朝、届いた朝刊を読む。見たい番組の時間までに家に帰る。昔は新聞もテレビも、読者/視聴者が媒体に行動を合わせていました。いまはその関係が逆転し、どのルートなら読者/視聴者にコンテンツが届くか、を媒体が考えないといけない時代です。CMビジネスのあり方、公共放送のあり方など考えなければならない論点はいろいろあるとは思いますが、テレビ番組のネット配信が進む流れはもう不可逆でしょう。
もうこれが「新日常」になります。テレビ受像機を通してしか見られないものを、今の若い人は見ません。テレビにとってライバルは他局ではありません。ネットブリックスであり、スポーティファイであり、あまたあるゲームであり、ユーチューバーです。メディアの大航海時代、情報の世界戦争が始まります。
この動きが広まると、受信機能の付いたテレビが不要になる時代がすぐにやってきそうです。

受信料収入をNHKはどうするのでしょう?

受信料という制度を廃止して、税金で賄うのが一番公平だと思いますが…。
日テレに次いでテレ朝、それからフジ。放送法改正でNHKが先行し、著作権法も改正されて、逆にできない理由がなくなりました。海外に比べ10年やらないで来た、その間蓄えた力をこれから示せるか、だと見ます。
テレ朝も番組同時配信をスタートするようです。来年早々似ということです。このスタイルがスタンダードになってくるのだと思います。
頭の悪いマスメディアはダメ施策も横並びです。
オールドメディアはまだわかってないようだが、速報ニュースとスポーツ以外、リアルタイムで見る価値自体無いと思います(例: CM飛ばし、倍速ができないため)