新着Pick
423Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
冨岡記者とともにインタビューさせていただきました。タイトルにもある死生観は重要な指摘です。菅義偉首相は人のコロナについて、記者会見でも、尾身会長という専門家を立てて、専門家がこう言ってるんだからと、コロナ政策と死について正面から答えていませんでした。

緊急事態宣言で行動抑制すれば経済は落ち込み、困窮する人が増える。抑制しなければ人が感染して、一部の人は重症化して亡くなる方もいる。避けられない自然災害に比べ、コロナは選択によって人が死ぬトロッコ問題を避けられません。きちんと説明するには御厨さんのご指摘のように「死生観」が不可欠です。

この死生観は政治家だけでなく、メディアにも問われるものです。菅首相がああしたコミュニケーションを取ったのも批判を恐れた影響が大きかったと思います。実際、感染者数でみれば日本は優秀な部類です。

1人も殺さない、1人も傷つけないを追求して起きた子宮頸がんワクチンの問題含め、個々のケースや当事者・遺族の感情をどう捉えて、どう分析し、どう報じるのか、そしてどう受け止めるのか、みんなが死生観を考えなければならないと思います。
今日は自民党総裁選の投開票の日です。事実上新しい首相が誕生する日です。

今後、長期政権誕生の条件などを、東京大学名誉教授の御厨貴氏にお聞きしました。

正直、短命政権が続くだろうという指摘は、ぐさっと刺さりました。

聞けば聞くほどに、今はどんな素晴らしい政策があったとしても、コロナ対応の適切な発信が一丁目一番地で、政権の評価の全てになります。

目まぐるしく状況が動く中、打てる手は、限られている。そんな中で、次の首相には、失点をしない政治が求められるのだろうと思います。

厳しい道のりは続きますが、次の首相の舵取りを、NewsPick編集部も注目していきたいと思います。
さすが御厨先生、他にない視点で非常にわかりやすい。説明力はリーダーとして常に大切だという点も改めて感じました。A新聞の政治部は年に休みが10日もないけれどハイヤー使い放題の絶対的エリートと聞いたことがありますが、そうした大新聞が本当は政治家を育てるんだということも。
首相の器ではないと言えばそれまでですが、個人的にも惜しい人材が短命で終わってしまった。デジタル庁とカーボンニュートラルは選挙の争点にはならないのに必要だと思って強引に押し切った。
次の首相は菅さんの手腕を生かしてくれないかな。。
"ところが菅さんは総裁選への不出馬を表明してから、むしろいきいきし始めた。彼がいかに行政官的な首相だったかうかがえます。"
本日ですね
どのメディアを見ても「結果の予想がつかない」という総裁選は本当に異例
記事は総裁選の話よりも菅さん分析の方が印象に残りましたが、本当に短期間とは思えないほど効果的な楔を打ち込んだ在任期間でしたし、昨日の緊急事態宣言解除もあわせて事後的には評価されるでしょうしぜひ今後も活躍してほしいです
中でもカーボンニュートラル宣言を所信表明演説でやりきったことは、数ヶ月前までは全くアジェンダにも上がってなかったと聞きますので、本当に素晴らしかったと思います
『ただ、説明能力のない首相というのは、どうしようもない。こればかりは、どうにもなりませんでした』

説明能力のない人が国家のトップに就いてしまうこと自体が日本の問題ですよね。
死と向き合うとは高齢者を優遇しないということ。やってほしいね。手始めにコロナ分科会の解散から。
たしかにコミュニケーション能力と政策実行能力はトレードオフなのでは、と菅総理の政権運営を観てて思いました。
「支持率を下げた一番の理由はコロナ対応です。国民に向かってきちんと語れなかったために、信任を失ってしまったと見ています」
「就任してすぐ、菅さんは携帯電話の値下げ、不妊治療の保険適用化、デジタル庁の発足を政策として出してきました」
「ただ、国民からしたら小さな課題や30年先の話より、目の前のコロナをなんとかしてほしい。これに失敗したのが残念すぎました」
「マスコミもコロナについては、世界と日本を比べるという視点がない。常に日本基準で見るから、どんなことでやっても失敗がすぐ目につくわけです。」

マスコミ、特にオールドメディアな報道は改善して欲しい。
シリーズで最も納得感のある、読み応えある稿だった。