新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『「広告」はテレビ広告、インターネット広告、新聞広告を中心に押し上げ方向に寄与した』 (@@。
長いあいだ低落気味だったテレビ広告、新聞広告が、物価上昇への寄与でここまで語られるのを目にするのは久しぶり。コロナ禍の巣篭りで視聴率が上がって、コロナの恐怖を煽るほど視聴率が稼げて、テレビ広告は有卦に入っていたと聞き及びます。在宅時間が増えれば見たり読んだりする媒体もたぶん同じでしょう。
コロナ禍で脚光を浴びる機会を得た“専門家”と主要メディアがタッグを組んで、人々の生活と日本経済を顧みず、行動自自粛一辺倒の報道を続けるのも分かるような気がします。コロナ禍が収束に向かえば、広告料は再び元の傾向にもどりそう。前月比はマイナスとのことですが、何とか取り返そうとコロナ禍報道で頑張ることだけは止めにして欲しい (^^;
前月比では▲0.1%下がってますので、緩やかな回復かどうかは微妙ですね。
指数のピークは今年3月でしたし。