新着Pick
123Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この領域では第一人者の平さんならではの渾身のリポートです。イギリスのメイ元首相の言葉に「ロシアは情報を兵器化した」というものがあります。ロシアは、インフルエンス・オペレーションに全力を挙げています。ロシアはITの大学生の国際コンテストを総なめにするほどの人材がいますが、国内にはマーケットが少なく、邪な仕事へと流れています。そういう状況の中でコメントに目をつけたのでしょう。日本ではヤフーコメントの量的規模がまず注目され、ニューズピックスが開発した記事とのセット戦略が評価され、日経や朝日がこれに続いています。ザッカーバーグの言葉に「これは軍拡競争だ!」というものがあります。大変な時代だと思います。
メディアのコメント欄もその媒体が提供する情報の一部ですので、誹謗中傷や名誉毀損といった点では管理、対策が取られているのが一般的です。ただし「親ロシアすぎ」といった特定の意見を理由に削除することはまずなく、「信頼できるメディアの中」でありながら「自由に書き込める」点を逆手に取った世論工作といえそうです。
情報工作で難しいのは、そこで書かれていることがあからさまな「フェイク」とは限らないことです。事実を書いた記事やコメントからでも、それを引用しつつ巧妙にミスリードしたり、印象操作したりすることは可能。フェイクをファクトチェックすれば良い、という単純な図式ではなくなっています。

情報操作を仕掛けてくる人たちがいる。それを理解した上でメディアを活用するリテラシーの重要性が増しています。
今やメディアにとって読者からのコメントも重要なコンテンツの一つであるがゆえに、治安維持が難しいゾーン
そう考えると、NPで大きな反対もありながら実名制に早期に移行したのは英断だったんでしょうね
コメント欄が荒れるというのを見なくなりましたね
いまや、その転換も知らないユーザーの方が多そうですが
インターネットやメディアだけでなく、全ての発言やコメントにはポジショントーク、印象操作することが可能です。それを理解した上で、自分で咀嚼する力が必要なんだろうなと思います。

自分で咀嚼する力がない情報のときは、多くの方がNPでコメントしていただいているので、それを参考にああでもないこうでもないを繰り返しています。
みなさん、ありがとうございます。
興味深く拝見しました。各国の膨大なメディアを網羅して書き込み(いいねも?)されているとすればかなりの財力がないとできない気が。
「日本のメディアもコメント欄も、かなり細かく見られているのは、間違いなさそうだ」
毎日と朝日のプロピッカーは、もはや自社ネガキャン媒体筆頭と化してますけどね