新着Pick
55Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドイツ連邦議会の総議席数は740、過半数は371です。
 今のところ開票が完了した選挙区は3分の2ですが、おおよその予測(ドイツZDF)は、
社会民主党 210
キリスト教民主・社会同盟 195
緑の党   116
自由民主党  93
ドイツのための選択 86
左派党    40
といったところです。
 キリスト教民主・社会同盟が50ほど減らして、社会民主党が60ほど増やしたことになります。左派党が5%条項を突破できずに議席を持てない可能性もあるので、そうなるともう少し配分が変わります。
 社会民主党から首相を出すのは決定でしょうが、あとはどこと連立するか、です。過半数371を越えるためには、
① 社会民主党+緑の党+自由民主党
② 社会民主党+キリスト教民主・社会同盟 (大連立)
の2つの選択肢があります。
 ①は、緑の党と自由民主党の政策がかなり違うので、政権運営が難しくなりそうです。
 メルケル政権も②大連立でやってきたので、大連立の方が安定感はあります。
第一党の党首が組閣を主導するとうのは、慣例でありこそすれ、憲法上の規定ではない。つまり、総選挙の結果が出ても、まだ誰が首相になるのは不明である(ヘルムート・コール首相が過去の実例)。ドイツ政界では、なんとかクリスマスまでの組閣を…と囁やかれている。
ほぼ事前の世論調査に沿った結果が報じられています。ということは連立交渉の難しさまでは一緒でしょう。決まり次第のコメントにしたいと思います
社民党(SPD)の急速な伸びはCDUのラシェット党首の不人気の裏返しでもあった。ポストメルケルのドイツ政治で安定を求める人はSPDのショルツ党首の方が安心できるということだったのだろう。このままいけば「信号機連立」か。
いや〜、ドイツも大接戦。ただメルケル首相の所属する与党・キリスト教民主同盟(CDU)に対するNoは示された。現在の連立パートナーである中道左派・社会民主党(SPD)が逆転。連立の主導権を握ることに。新首相はSPDのシュルツのの可能性が高そう。ただ、ここからの連立の交渉は長引きそう。数ヶ月は掛かるかも。メルケルなき後、ドイツの政治も大混迷になるリスクも。

日本も安倍さんなき後、大混迷になりそうな雰囲気も出てきてるし。国際政治の不安定化が増してきてる
ドイツ連邦議会(下院)選が26日行われています。
公共放送ARDの出口調査に基づく得票率予測によると、中道左派、社会民主党と、メルケル首相の保守、キリスト教民主・社会同盟がいずれも25%と拮抗する大接戦なのだそう。
欧州をリードしていた、メルケル首相の後任なので世界が注目することになると思います。
ドイツはもはや欧州の中心なので、かなり注目される選挙ですね。そしてメルケル氏引退後、どんな首長が出てくるのか。