新着Pick
247Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
転職の理由は人それぞれです。唯一これまで多くの履歴書を見て面接をする側から言えることは、「これ以上この会社では学ぶチャンスがない」という理由の転職が、一番良い形であり、履歴書にも見えてきます。

どの会社にいっても人間関係は色々あります。上司は選べないもの。「なりたい自分の成長」に近づくために、新たな環境=転職という選択肢が一番です。そのための準備として「自分がどう差別か出来るか?」が大事。20-30代で転職は当たり前の時代で、ジョブ型と言われる「専門性」をいかに磨くかが、新たな可能性を引き出す「前向きな良い転職」に繋がります。

スティーブ・ジョブズが言ったように「点と点は必ず繋がっている」のですから。
今の不満は 転職では解消されない。 転職は逃避であってはならないと思う。
人間というものは、一度決めてしまったことに関しては、その決断を後押しするような材料ばかり集めたがるものです。

たとえば、ベンツを買った人は、ベンツがいかに優れているかという記事や評判ばかりを集め、ネガティブな情報は無視しようとする傾向が顕著です。
(買ってしまった後だから、仕方ないのですが…)

メリットとデメリットを客観的に書き出して、その後決断するというのは優れた方法です。
3回会社辞めてますが、辞める直前にグダグダ考える人は辞めない方がいいです。いつでも辞める気持ちで日々仕事してれば、辞める決断なんて秒でできる。いつでも辞める気持ちとは、辞めたいな~嫌だな~ではありません。日々の仕事に向き合いながらも、自分自身を客観視して、他でも通用するだろうか、自分が採用者なら自分を採用するだろうか、という「離見の見」が必要だと思います。それは退職しなくても今の職場でも結局活かされます。
大企業にいた人が陥りがちなのは、「それ、お前の実力じゃなく会社の看板の力じゃん」ていうのがわからない人ね。
やり切った感を持てるか…このフィールド=会社で得られることを深く考えてみる。大抵の場合、主観+内向き視点で"現在"を見ているので、自身の想定よりも見えていない経験機会は多くある。退社する理由は、諸々あると思うが、辞め方、去り方は本当に重要である。アルムナイなど雇用関係が無くなっても繋がりを維持する活動が盛んである。関係を築いた人間からいつか再び一緒に働きたいと言って貰えるくらいの実績を残せているか…他者からの異なる視点で振り返ってみることも自身の気づきになると思う。自身のキャリアのNext Stageに踏み出す選択肢の一つとして捉えたい。
何のために働くか、その目的を明確化しないと転職自体がうまくいく可能性は少ないでしょうね。
何も考えずに今の会社で働くよりは、転職自体は「働くこと」を考える機会になると思います。
異動できるのは大手に限られますね。辞めたい理由と辞めるべきではない理由を書き出して考えてみるのは良いかもしれません。
似ていますが、リスクを書き出してみることも重要な視点だと思います。企業カルチャーや職場のカルチャーも分からないところに転職するリスクは必ずあります。そうなった場合どうするのかを考えておくのです。石の上にも3年なのか、また転職するのか? その対処に自信が持てるのか、即ち覚悟を決められるのかどうかを自分に問いかけることが大切だと思います。
こんなはずじゃなかったと後悔する人生は送りたくない。リスクを飲み込んで飛び込みたいですよね。
仕事が自分の価値観に合わず、転職を考えた時、まず自己分析し、自己理解を深め、家計もみました。急ぎ動くより、徐々にスライドしていければと、本業以外で活動を始め、更には社内転職も実現。焦るべきではない
#キャリアコンサルタント
転職する理由は様々ですが「辞めたい理由と辞めるべきではない理由を書き出す」というのは良い方法だと思います。辞めたい時は、思考が乱れていることも多いと思う。書き出してみる→そして考える、というプロセスを1度ふむことが大切だと感じます。そして、辞めたあとにやりたいことを明確にすることも転職の際には、考えると良いと思います。