新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
売る 売らない ではなくそこにどんな体験価値を提供するか。そこが大きなテーマだと思います。 売る売らないというのはあくまでも店頭での行為であって、そこにいく意味をどう作るか、体験価値をどうデザインするか、何を顧客の満足に据えるか、そこに意味があると思います。どんなセレクトでどんな興味喚起ができるのか?興味深いものです。
色々やってみるのは良いことです。そこから学ぶことは必ずあるはず。
角井さんが言う通り「売らない店舗」と言う表現自体が、D2Cブランドのリアル展開における違和感なんだなと思いました。

果たして、「売らない店舗」で良いのか?そして、この事に百貨店や出ディベロッパーはいつまで耐えられるのか?

「売らない店舗」をD2Cブランドと展開することがだんだん百貨店業界におけるD2Cブランドとの横並びなお付き合いの仕方になっている。

ほんとうにこれで良いのですかね?
h売らない店舗 というネーミングが、まだまだ #D2C が一般的でないことを表してますね。
アメリカでは、10年ほど前から、#POPUPストア や単独の路面店舗を展開してました。
もっと、リアルに露出する機会を作って欲しいですね
商業のあり方は今後色々な形がより出てくると思いますが、オンラインかオフラインかどちらかに偏らせるのではなく、お客様に多様な買い物の仕方の選択肢を与えて、時と場合に合わせて自由に選べるようにすることが求められているかと思います。
最近のD2Cブランドなどでは「売らない店舗」「体験型の店舗」が増えていますが、百貨店が「売らない店」を作るということは大きな挑戦だと思います。大丸松坂屋さんの「売らない店」とご一緒したいブランドもたくさんいると思います。ただし、明確な目的がない限りなかなか継続させることが難しい気もして「売らない店」のパーパスを明らかにすることがとても大事なのかなと思います。
本屋で山積みされた本は、人の手に触れていることがあるので、あんまり買いたい気にはなれません。ただ本屋は流行りの本を把握する点ではデジタルに勝る。それこそショールーム化し、ネット販売特化ってどうだろう
#キャリアコンサルタント
amazonで本を見るより、リアル書店で本を見た方がわくわくする。
本の匂いがあるし、手で持った時の紙の触感がある。

百貨店やデパートは、どうでしょう?ECサイトではない、どんな価値を提供できているのでしょうか?

以前、百貨店やデパートに行くことは、家族にとって、なんだか、楽しみなお出かけでした。

そういった魅力を、再び定義できれば、多くの人が足を運ぶと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
百貨店がやってる時点でD2Cじゃなくない?

業績