新着Pick
777Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「行政サービスは永遠のベータ版」、「全ての行政サービスにお問い合わせ窓口を必ず作る」といった宮坂さんの言葉は、職員と市民の双方が抱く「行政サービスに誤りがあってはならない」という固定観念を優しく転換させようとするもの。

ここからさらに意識改革が欲しいと思うのは、行政サービスのマーケティング。対象のユーザ(市民)毎に用意されているこの多機能なサービスをどのように適切に届けるか。たとえば新型コロナウイルス対策のために成立した予算の2割にあたる30兆円が全く使われないまま繰り越されることになりました(東日本大震災でも8兆円弱が繰り越された)。行政支援が「ない」のではなく、「あるのに必要な人が知らない/使えていない」ことが相当な悲劇を生み出しているため、デジタル庁や東京都が先陣を切ってマーケティングの意識を醸成していっていただきたいです。
いちから会社をつくるなら、ありえないようなアナログな手続きが昭和の組織にはたくさんあり、それぞれにルーティンや美学めいたものが張り付いています。それらを変えていくには、上から変わらないとダメなんですよね。これまでの仕事のしやすさではなく、これからの仕事を考えろと。これがなかなかできないのが巨大組織なんですよね。でも、やらねば。
とてもわかりやすい指摘。
ーー
自分の担当業務に関してチームに言うのは「数字を出して。国語ではなくて算数にして」と。国語の教科書のような文字の説明ばかりではだめで、算数の教科書みたいな文字と数字とグラフのバランスがいいと思っています。

【新型コロナウイルス編】も下記から読むことができます
https://newspicks.com/news/6215619
もう僕がいまさら言う必要はないけれど、この領域の具体的な技術とあわせて、こういう感性と土壌を持った業界で、相応の規模マネジメントしてきたという知識と実績持った人が相応の権限与えられて、周囲も本人も相互の理解と許容を示しながら、忍耐強くでも明確に具体的に進めていくってこと、ほんと大変なことだし、これが都庁で現実に、目に見える形で進んでるって心からすごいことだなと思います。

現在の都政に関してはいろいろと思うところはあるけれど、この人事と最近のデジタルサービス局の立ち上げや活動、都庁内の細かい基本的なところからの変革はほんとに評価されるべきだと思うし、いろいろな組織のモデルケースとして有効に活用してほしいなと思いますね。デジタル庁の活動方針や方策などに関しても、いろいろ参考になるんだろうなと。

なかなか変われないというニュースや話題が多い中で、ぐいぐい変わってきてるというニュースが流れてくること、ちょっと元気がもらえます。
私も昨年4月から行政に近いところで働いてみて、日常の仕事における疑問や課題を山ほど見てきた。

全ての根底にあるのは「言い訳文化」。議会や市民から何か問われた時、何かしらの言い訳ができるように、考えなくても良い余計なプロセスを踏んだり、やらなくても良い公募をして時間を食ったり、ITが苦手な職員でも閲覧できるようにと紙の資料にしたり、とにかくどこからくるか分からないクレームを想定して「言い訳」できるよう穴を埋める。

世の中のほとんどの人が快適な仕組みを作るのではなく、たった1人の意見に引きずられた、まさに現状維持前提の「護送船団方式」。

これでは永遠に前に進めない。
やはりあるべき姿を示し、全体が良くなることをイメージする中で、そこで出てくる一部の不具合については支援策を考えるといった、未来起点での思考と意思決定にしなければ。
「言い訳」ではなく、「あるべき姿への共感」へと意識改革することが、重要だと思う。

宮坂さんはまさに、それをやってるんだなと。

私たちHIT広島県観光連盟では、昨年4月の着任以降「爆速」「圧倒的顧客志向」「ワクワクする」を掲げ、日々仕事をしている。
そう、「爆速」は宮坂さんからパクった言葉。

またパクれることが見つかった。早速爆速で学ばねば。
FAX95%減、はんこ86%レス、電子決済95%。2年で大変な成果です。大伏魔殿で。令和DXの前に、脱昭和アナログ。DXに焦る多くの会社もまずはここからでしょう。
宮坂氏の奮闘ぶりが伝わってくる。
企業との大きな違いは 競争相手がなく 結果顧客視点を失いやすい点。 効率性や快適性を 顧客の声を聞きながら改善して数値化することの習慣づけからのスタートするのだろう。
都民としては まだ変わったという感覚はないが 今後の変化に期待。
国語ではなく算数にして、はいろんなシーンでありますね。どうにも算数苦手な人が法学部とかに行って行政職になることが多い弊害を感じる。算数といっても小学生レベルのものでも十分。数式たてて、数字で語ればすぐに判断できることが多い。数字にできないってのは本人もわかってないってこと。
"自動運転やAIなどの先端技術を都市実装する“ソサエティー5.0”なスマートシティ構想をやるのかと思っていました"
私もそう思ってました。
宮坂さん級の人材にハンコレスやFAXレスをやらせているのは都民にとって損失なのではないだろうか
民間で働いていた優秀な人が行政に入ると良い刺激になるのかなと思いました。これからも多様な人を採用して自らを変えていけるような行政のあり方を目指していただきたいと思います。どんどんPDCAを回して良い国にしていきましょう
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
5.53 兆円

業績